ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【4月~6月が良型を狙える大チャンス】レオン加来匠が「春メバル」の概念を伝授!土佐カブラを使った必釣リグの使い方にも注目

連載:加来 匠レオン「ライトゲームマニア」

毎日、SNSなどでメバルの釣果をチェックしていますが、今シーズンは例年に無く好調のようで、サイズが目立ちます。

というのも、特に広島県や愛媛県、大分県など各所のアングラーさんが軒並み「自己記録サイズ出た〜♪」とツイートしている件数が多いことが今シーズンとても印象的なのです。

さらに、これも各地の情報ですが藻の生育がとても良いようです。僕が良く行くポイントも数年間ショボかったのに今年はシッカリと密集していますので、これから先がまだまだ楽しみです。

ということで、今回はまだあまり知られていないメバル釣りの概念を1つ披露します。

レオン 加来 匠(Kaku Takumi) プロフィール

加来匠(かく たくみ) 中国&四国エリアをホームグラウンドとし、メバルやアジ、根魚全般の釣りを得意とする生粋のソルトライトリガー。レオンというのはネットでのハンドルネームとして使い始めたが、いつの間にか、ニックネームとして定着。ワインドダートやSWベイトフィネスなどを世に広めた張本人、新たなスタイルを常に模索中! 「大人の遊びを追求するフィッシングギアを提供する」ことを目的としたプライベートプロダクション「インクスレーベル」代表もつとめる。

 

実はこれからがメバルの本格シーズン!

桜も散って気温も上がり始める4月中旬ごろになると、大抵のメバルファンが「そろそろシーズンも終わりだな」的な発言をされているのですが、これはある意味違っています。

本格メバル釣り師から言わせると、実はこれから6月までにかけてが大型〜超大型のシーズンインなのです。

初夏の堤防でデイジギング

 

ではなぜ、一般的にこの時期からオフシーズンと言われるかというと、それはメバルの付き場が変わるからです。

つまり、メバリングの王道的ポイントである「堤防(特に灯り着きの)」で徐々に釣れなくなるからそう思うだけで、実はメバルたちは違う場所で群れ始めます。

ではどういう場所が良くなるのかを箇条書きで説明します。

 

春メバルが好む場所

・ゴロタとウイードが絡む潮通しのあるシャロー

・カジメやホンダワラの密集エリア

・伏流水が湧くエリア

伏流水エリアのデイゲーム

 

つまり、常夜灯のある堤防や護岸などに群れていたメバルは灯りから離れてこういった場所へ移動するわけです。

その大きな要素は「水温と溶存酸素が安定している場所」と言えるでしょう。つまり海藻やゴロタ岩が日中の陽光を遮り、また伏流水や潮流が水温を安定させるのです。

6月闇磯スープラ65PDを使ったシャローのトップゲームで

 

さらに、これからの時期にこう言う場所を捕食エリアとするメバルは、大体がシッカリ筋肉がついてサイズも良く、引きも1~3月と比べておよそ倍ほども強くなります。

1年の中でもメバル釣りがもっとも楽しくなる季節の到来ということなのです。これは古いメバル師にとっては常識であり、僕の師匠や先輩達も本気でサイズを求めるメバル釣りの開始は4月以降でしたからね(笑)。

 

朝マズメも狙い目! 使用する必釣リグとは?

また、朝夕マズメの明るい時間帯もかなり有望になるので、その際の必釣リグも紹介しておきます。

それは何を隠そう「土佐カブラ」なのです。普通は専用の飛ばし浮きに10連針仕掛けなどで、日中流れの中に打ち込んで釣るための漁具ですが、これをルアーフィッシング的に単体で使います。

カブラ単体では飛ばないので専用の「ステンボー」などが必要ですが、マイクロジグを持っていればそれを代用します。

ジグのフックを外してメインラインを結び、反対側に40cmほどリーダーを取って先端にカブラをセットします。

 

この際の注意事項は、カブラを結んで固定しない事。カブラの金属部には細い貫通穴がありますので、パッケージの図にしたがって通す方向を間違いないようにリーダーを通し、リーダーの先端に結びコブをつくってコブでスッポ抜けないようにセットするのが正しいやり方となり、間違えるとかなり釣果に悪影響となるので注意が必要です。

 

ということで、4月以降のメバリング未経験の方やデカメバルを釣りたい方は、今シーズンにぜひ6月いっぱいまで頑張ってみて下さい。

想像を超える釣果と釣り味に驚く事になるかも知れませんよw。

 

2本のメバリング注目動画

最後に少し動画の紹介をしておきます。

まず、1つ目の動画はINXスタッフ「田中もきぎ(もっきー)」と3年越しで行っている「第3回メバリング教室個人レッスン」の模様ですが、先週愛媛エリアでもっきーがやらかしました。

 

開始から2投目で念願のメガメバルをキャッチできたのです。堤防から尺メバルをヒットさせる映像はほとんど無いので貴重なVTRとなりました。ファーストキャストからキャッチまでノーカットでご覧下さい^^

 

380km走ってきて、〇〇〇〇〇〇をガッツリ仕留めて帰る”渚の女流剣師”もっきー姉さん。

出典:YouTubeチャンネル「INXテレビ」

 

こちらの動画はシャローエリアでトップに果敢に襲い掛かるメバルのバイトシーンを収めた動画です。メバルをトップで狙われる方は動画を参考に。

 

【メバルプラッギング】!!一目瞭然!!【シャローのメバルほどトップに良く出る】

出典:YouTubeチャンネル「INXテレビ」