ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【陸っぱりとボート両方で活躍】これこそマルチに活躍する最強コンビ!三宅貴浩のフリーリグを使った「GWハイプレ攻略法」

寄稿:三宅 貴浩
琵琶湖のバス釣り完全ガイド

 

この記事をご覧の皆様の中にも感じている方が多いと思います。

バスの捕食するベイトは年ごとに多様化、バスのプレッシャーも増していく中でどういったルアーを選べばよいのか?

例年のことではありますが、毎年大きく変化するグラス(ウィード)の高さや種類、それに分布するエリア。

さらに、エリアによってバスが捕食しているメインベイトが変わることも最近では良くある話。多くの琵琶湖アングラーがボート陸っぱりに関わらず釣り方に迷われています。

最近流行りの高比重ノーシンカーなどは、その汎用性の高さから状況を選ばないという性質があり、今の琵琶湖で流行る理由がよく分かります。

そんな中、毎年GW前後はグラスの成長がまだ途上で、エリアごとにその度合いが異なり、更にはスポーニングに絡む個体と回復途中、また完全に回復した個体と様々な状態のバスが混在する複雑な状況下にあります。

三宅 貴浩(Takahiro Miyake) プロフィール

パークマリーナをベースとする鬼釣らせ琵琶湖プロガイド。オールラウンドな釣りをメインとし、魚探を駆使したバーチャルサイトフィッシングを得意とする。布目ダムや津風呂湖にも精通し、チャプター、JBプロ戦、ローカル大会等での優勝・入賞多数。大阪府出身・滋賀県在住。 ●琵琶湖ガイド情報● TAKプレミアムガイドサービス=ガイド受付☎077-585-6804(パークマリーナ) 出船マリーナ:パークマリーナ(守山市木浜町1564-31) ガイドエリア:全域

 

GWハイプレ攻略に欠かせないのが「ドライブビーバーシリーズ」

そんなタフな時期の中で、状況問わず例年イイ釣りを展開しているのが「ドライブビーバーシリーズ」のフリーリグです。

 

現在、オリジナルの「ドライブビーバー」3in、3.5in、4inと、昨年2020年に登場したビッグサイズモデル「ドライブビーバーマグナム」の2タイプがラインナップ。

このワームとフリーリグとのコンビネーションは、この季節の最強コンビ! 釣り方さえ覚えていれば前途したような様々な状況に柔軟に対応でき、バスから高反応を得ることができます!

狙うシチュエーションは「ほぼどこでも!」と言っても過言ではないほど、特にオススメするエリアとして、GW前後であれば新しく伸び始めているエビモとカナダモが複合するような場所。

とくにエビモが単体だったとしても、この時期はデカバスをストックさせるパワーがあり、ドライブビーバーが毎年劇的に釣果をだしています。

 

オリジナルを使う場合は3.5inを使用した5gのフリーリグ

では! ウエイトや使うサイズなど、具体的なことについて触れていきます。

サイズは3.5inがオススメ。口を使いにくいようなバスに対しても違和感なくバイトに持ち込めます。因みにフリーリグ以外にも色んなリグに対応するんですが、他のことは考えず5gのフリーで(笑)。

ドライブビーバー

Length Color Count 税込価格
3in・3.5in・4in 21 7(3in)・6(3.5in)・5(4in) 858円

O.S.P公式「ドライブビーバー」詳細ページはこちら

 

 

ウィードの高さによって違ったアプローチで

まずはリグ1択でOKです。このリグを背の高い目視できるようなエビモに対してはショートキャストからのフリーフォールでアプローチします。

また目視できないようなグラスのフラットやエッジに対してはロングキャストからのズル引きでアクションさせます。フリーリグの万能性とドライブビーバーのバスを寄せるポテンシャルを大いに生かした釣り方になりますが、これが本当に良く釣れます。

1 / 2
次へ