ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ホンモノの魚のように「テールから動き出す」新しい発想のプラグ【ヨコアイシャッド】

もうチェックしましたか?

テールから動く新しい発想が話題のNEWプラグ「ヨコアイシャッド」

 

ヨコアイシャッド

まずはこちらをどうぞ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

テールから動いているのがわかりますでしょうか?これ、個人的にすごいなと。

 

テールから動く新発想

一般的なルアーは先のラインアイにラインが結ばれていて、ラインを引くと頭から動き始めますよね。これはラインを引っ張ることで、ルアーが動き出してからリップやテールが水の抵抗を受けてアクションを発生させるためです。

こちらのヨコアイシャッドは、ボディの前方と後方、テール部分の3箇所にアイを設け、その3箇所のアイにラインを通し、最後にフックに刺して固定したトリプルフックにラインを結んで使うという構造。

そうすることで、ラインを引っ張ればダイレクトにテールに力が加わりテールから動き出す。ヨコアイシャッドは、ロッド操作で尾の部分から動き始め、尾を左右に動かし、水を後ろに押し出し前に進んでいくというルアー。

…ベイトフィッシュって尾を振ってその推進力で前に進みますよね? そう、その動きなんです。

そもそも、このルアーを作るキッカケとなったのが「ベイトフィッシュを意識しているバスを狙って、シャッドテールワームやビッグベイトを使っていた時、どうしたらもっと自然な動きになるのか…と考えていて、魚の泳ぎのように尾の動きを起点にして前に進むルアーがあったらいいなぁ」…と思ったからなんだとか。

ロッドをシェイクすると、ボディはそのままテールだけがバタバタ泳ぐ。加えてラインの張り方でダートやスピードの強弱、ボトムへのシェイクフォールやシェイク引き上げなどが演出できるそうです。

 

お腹側のフックを外してチューンも可能

ヨコアイシャッドはスローシンキングの設定。晩秋から冬にかけてなどディープを攻めたい場合は、お腹のアイにシンカーを付ければディープの攻略も可能。

ボトムに着けてその場でテールだけをシェイクさせたり…ディープに落ちたバスにも効きそうな予感。

 

ちなみにノーマル状態でボトムで使って根掛かりしそうな時は、お腹側のトリプルフックを外して使えば根掛かりが少なくなるとのこと。良く動くテール部分を目掛けてアタックしてくる事が多く、以外とフッキングはいいそうです。

 

気になるスペックはこちら

開発者は香川県にあるルアーショップ「アルティメイトワールド」のオーナーを勤めながら、JBトーナメント戦に出場している田渕 秀明さん。

田渕 秀明(Hideaki Tabuchi) プロフィール

普段はルアーショップ「アルティメイトワールド」(香川県)のオーナーを勤めつつ、JBトーナメントでも結果を残すトーナメンターとしての一面も持つ。 アルティメイトワールドでは、ルアーやボートの販売から四国内のボートフィッシングからオカッパリまでガイドサービスも行っている。

 

スペック

ヨコアイシャッドの全長はテール部を含んで105mm、ウエイトは1oz.クラスのスローシンキングタイプ。ヨコに搭載されたアイとのバランスを取り、アクション時にキレイな姿勢を保つよう絶妙な位置に配されたウエイトを内蔵。

硬質ウレタン素材のボディにテール部分はJB/NBCの試合で使えるFeco専用テールが装着されたハンドメイドルアー。

希望小売価格は税込み5940円となっています

 

カラーラインナップ

 

キレイなアクションを演出するにはキモがある

さて、ダイレクトにテールにアクションを伝えることができる「ヨコアイシャッド」。キレイにアクションを演出するにはキモがあるんだとか。

それは、ラインを張ることなく、テンションを掛けずにアクションさせること。

そのため、使用するラインは水馴染みが良く、低伸度のモノにこだわっているそうで、開発者の田渕さんはベイトタックルにはサンラインのシューターシューターFCスナイパー8~12lbを。また、ロッドアクションを付けやすいスピニングタックルを使う場合は、シューターFCスナイパーの6~8lbを使っているとのこと。

サンライン公式「シューター」詳細ページはこちら

サンライン公式「シューター・FCスナイパー」詳細ページはこちら

 

ベイトフィッシュと同じように、テールから動き出すという新発想のルアー。試してみたくないですか?

 

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!