ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【強いウォブロールアクションを生む】幅広い速度に対応!アチックの新作ジョイント式ウェイクベイト「アニー175WB」に注目

春も本格的になりバスフィッシングが面白い季節!

今はスポーンが絡む時期で大きいルアーを比較的好む印象。さて、そんな季節に投入してみたい作り込み系のジョイント式ウェイクベイトを今回はご紹介!

 

アニー175WB【アチック】

2021年4月登場

大阪府に拠点を置くハンドメイドルアー専門ブランド「アチック」の新作ルアー「アニー175WB」。

「WB」はウェイクベイトの略。既存ルアーとしてラインナップされている「アニー175MR」より上のレンジ、水面から水面直下を攻略するために開発。

ウエイト:約45g

サイズ:175mm

税込価格:6,380円

 

強いウォブロールアクションが魅力

最大の特長は大きなボディが放つウォブロールアクション。

スローからファーストリトリーブまで幅広い速度に対応、ボディをくねらせながら水面で大きく水をかき分けて遠くからでもバスをおびき寄せます。また、ピンポイントでの誘いも得意とします。

春はモチロン、表層ゲームが面白くなる夏にも使ってみたいですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

カラーバリエーション

カラーは全6色展開です。リアル系から視認性の良さそうなモノまで色々揃っています。

 

#1 シルバーシャッド

 

#2 ワカサギ

 

#3 ナチュラルパールシャッド

 

#4 レインボー

 

#5 ナイトグラマー

 

#6 スノーパールピンク

 

以上、アチックの新作ルアー「アニー175WB」の紹介でした!

アチック(アチック)

1982年の設立以来、ハンドメイドにこだわってルアーを作り続ける。すべての作業を自社生産で完結させる完全ハンドメイドスタイル。タカスミノー、ワンテンポップ、ポエット11などの湖北スペシャルカラーで全国に名前が知られることに。現在作られているアチックルアーにも、クラフトマンシップのこだわりが脈々と受け継がれている。