ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【入賞ルアーは誰もが知るゲーリーヤマモトの名作ワーム】JBトップ50第1戦・遠賀川戦で小森嗣彦プロが3位に入賞した「攻め方」とは

2021年4月2日(金)~4月4日(日)に行われたJBトップ50第1戦「ゲーリーインターナショナルCUP」。武田栄喜プロが優勝を果たして幕を閉じました。

 

数百グラムで順位が入れ替わる接戦の中、今大会3位に入賞したのが小森嗣彦プロ。1位の武田栄喜プロとは182g差で、2位の藤田京弥プロとは僅か8g差。

小森嗣彦プロは予選2日目の段階で22位だったのにも関わらず、決勝で追い上げをみせてトップウエイトを叩き出し、3位に上り詰めることに成功。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

小森 嗣彦(Tsuguhiko Komori ) プロフィール

JBのトーナメンターとして、同協会の最高峰TOP50プロシリーズを戦うトーナメントプロ。年間チャンピオン3回(最多)TOP50優勝6回(最多)2008年にはJBスーパーバスクラシックを制覇、2012、2018にはBasserAllstarClassicを制している。シーズンの合間には琵琶湖、桧原湖、北浦、亀山ダムでガイドも行っている。論理的考え方でバスフィッシングとトーナメントを攻略する。1974年生まれ兵庫県神戸市出身、千葉県在住。

 

最終成績はこちら
No. 氏名 重計 1重 2重 3重 p
1 T5012
タケダハルキ

武田栄喜

9,643g 3,662g 4,345g 1,636g 50p
2 T501
フジタキョウヤ

藤田京弥

9,469g 3,588g 5,665g 216g 49p
3 T506
コモリツグヒコ

小森嗣彦

9,461g 3,176g 0g 6,285g 48p
4 T5020
ミナミカズキ

南一貴

9,063g 4,315g 2,392g 2,356g 47p
5 T5014
ハヤノタケシ

早野剛史

8,792g 5,600g 2,042g 1,150g 46p

詳しい全成績はJB/NBC公式サイトにて。

 

では、小森嗣彦プロはどういったパターンで3位に入賞することができたのか? 早速解説していきます。

 

高さのあるストラクチャーやブレイク周りをゲーリーヤマモトの超名作ワームで攻める!

プリの魚を狙うため、深めのレンジを狙う戦略を立てていた小森嗣彦プロ。

上流で粘っていればイイ魚が出ると分かっていながらも、粘ることが苦手ということで全域をランガンすることに選択。深めの2.5mラインにある、高さのあるストラクチャーやブレイク周りを中心にテンポ良く狙っていったそうです。

さて、そのようなエリアをランガンするのにメインとしたルアーが「レッグワーム(2.5in/2.9in)」(スカッパノン/スモールブルーフレーク)のダウンショットリグと「3inファットヤマセンコー」(ダークブラウンブルーギル)のフリーリグ。

攻め方はストラクチャーに沿って落とすだけというシンプルな誘い方。

 

レッグワーム(スカッパノン/スモールブルーフレーク)のダウンショットリグ

ゲーリーインターナショナル公式「レッグワーム(2.5in/2.9in)」詳細ページ

 

3inファットヤマセンコーのフリーリグ(ダークブラウンブルーギル)

ゲーリーインターナショナル公式「3inファットヤマセンコー」詳細ページはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

強風に悩まされる中で同じパターンを貫いて3位に入賞

初日はフライト順が良くて試合が始まったばかりだったのでプレッシャーも低く、リミットメイクには至りませんが4匹で3,176gという順調な走り出し。

ただ、2日目になると状況が急変、強風でボートポジションが上手く取れず中々釣りにくい状況に。障害物が絡むブレイクに対して平行または垂直に落としたいにも関わらず、風が強くて上手くリグとボートを操れず2日目はノーフィッシュとなってしまいました。

3日目は前日のノーフィッシュが嘘のように6,285gでリミットメイクに成功。雨が降っていましたが風が弱かったので簡単に釣れたと述べていました。エリアはほとんどが中流だったそうです。

 

小森嗣彦プロ個人的に遠賀川というフィールドは魚影も濃く非常に得意とするフィールド、特に今回は「ゲーリーインターナショナルCUP」だったのでファミリーの維持を見せれて良かったですと話していました。

開幕戦から盛り上がったJBトップ50シリーズ! 次戦の弥栄ダムでは小森嗣彦プロをはじめ、2位の藤田京弥プロや1位の武田栄喜プロはどういった活躍をしてくれるのか? 非常に楽しみです!

ゲーリーインターナショナル (Gary International)

トップアングラーとして知られる河辺裕和が代表をつとめる米国・アリゾナ州に本社を置くゲーリーヤマモトカスタムベイツの日本支社。ゲーリーグラブやカットテールワーム、ヤマセンコーなど超ロングラン人気を誇るGaryYAMAMOTOワームなどを中心に扱っているほか、YABIA BRANDなどで独自のアイテムも人気を集めている。