ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【登場迫る】サワラ・タチウオに!高速リトリーブにも対応のカスタムモデル「マキッパ サワラチューン」

「春」本番。

ショアで、オフショアでちらほら釣果も聞こえてきて、今年もどうやら好調&人気みたいです。

「春」の「魚」と書いて、鰆(サワラ)。

サワラ…といえば、2021年注目のルアーがありますよね。

 

MAKIPPA SAWARA TUNE

4月下旬頃登場予定

まずは、こちらをどうぞ。

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

解説してくれているのは、ヘルメットでお馴染みメガバスの「アラマキシンヤ」氏!

荒牧 伸弥(Shinya Aramaki) プロフィール

ヘルメットをかぶって(コスチューム?)釣りを姿でお馴染みのアングラー! 学生時代からオカッパリ釣りチーム「チームIMO」に所属、ヒマさえあれば、バス、ソルト各魚種のオカッパリランガンを繰り返してきた(現在も!)ランガン狂系アングラー。過去には年間釣行回数が300日を超える年も多数。 週刊ルアーニュースの編集記者、釣具を扱う商社スタッフを経て、現在はメガバスに勤務。現在も続く自身のランガン経験も加えたルアーの開発などなども行っている。 ハイロウズやニートビーツなどをベースとしたロックの世界をこよなく愛する! 雑男(ザツオ)という愛称もアリ。1984年生まれ、兵庫県出身、在住。

 

Type:30g ・ 40g /メーカー希望小売価格:30g ¥820 ・ 40g ¥860 円 (税別)

メガバス公式「マキッパ サワラチューン」詳細ページはこちら

 

オリジナルのマキッパとはここが違う!

人気のマキッパシリーズのサワラチューンモデル。

どこがどうチューンされたのか気なりますね!

 

①:接続部分

まずはフックやブレードの接続部分。すべてスプリットリング&スイベルで構成されていて、歯の鋭いサワラやタチウオにアシストリーダーを切られる心配もナシ。

 

②:コロラドブレード

ウイローリーフブレードがセットされたオリジナルとは異なり、こちらはコロラドブレードを採用。抵抗のあるコロラドブレードを採用することで、水面からの飛び出しを抑え、サワラなどの青物にも効果的な「高速巻き」が可能に。

 

③:UVケイムラ塗装

薄暗い朝・夕マズメを狙うことがメインとなるサワラほか青物や、タチウオに効果的なUVをケイムラ塗装を全カラーに採用。

 

 

もちろん、ベリーに設けられたおまかせアイはフックのフックの取り付け位置を替えたり、追加フックの装着なども可能。

 

カラーラインナップ

なんと全カラー、紫外線で発光するケイムラフィニッシュ仕様!定番のイワシ系カラーから、マズメ時の鉄板カラー「アカキン」や「グリーンゴールド」など一軍カラー全6色がラインナップ。

UV IWASHI

UV PINK IWASHI

UV KATAKUCHI IWASHI

UV CRASH SILVER

UV AKAKIN

UV GREEN GOLD

 

いよいよ登場間近! 新しいマキッパシリーズに期待大!

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。