ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【全モデル1万円台の鬼コスパ】パワーフィネスに対応したマニアックな機種も揃う!オリムピックの新作バスロッド「21ヴェローチェUX」

バスフィッシングが面白い季節になってきました。

2021年も色々なフィールドへ足を運ばれるかと思いますが、行くエリアが多くなるにつれて使うルアーも増えてきますよね。そうなると必然的に対応するロッドが必要となり、ついつい新しいロッドに手を出してしまいがち。

ただ、良いものを選ぼうとするとモチロン値が張る。安くてハイスペックなロッドが欲しい、って誰もがそう思うのでは? さて、今回はこちらのロッドを紹介。

 

21ヴェローチェUX【オリムピック】

2021年6月登場予定
21GVELUS-64L、21GVELUS-611H-PF、21GVELUS-742M:2021年7月以降登場予定

今回紹介するロッドはオリムピックの新作バスロッド「21ヴェローチェUX」。

まず、簡単にこのロッドシリーズを紹介しておくと、現在既存アイテムとして「ヴェローチェRV」と「ヴェローチェNeo」の2機種がラインナップしており、両機種共に国産にも関わらず2万円台前半で入手可能なコスパに優れるバスロッドシリーズ! フラッグシップモデルの「ビゴーレ」に手が届かないという方でも手に入れやすくなっています。

ただでさえ入手しやすいのにも関わらず、1万円台という鬼コスパを実現させたモデルが、今回紹介している「21ヴェローチェUX」です!

 

スピニングタイプ

 

ベイトタイプ

オリムピック公式「21ヴェローチェUX」詳細ページはこちら

 

最大の特長は、求めやすい価格帯でありながら入門ロッドとは思えない品質や性能を秘めていて、ラインナップの幅がとても広いトコロ! 全9機種が揃い、ビッグベイトなどのヘビーなウエイトを扱える機種や流行りのパワーフィネスに特化したマニアックな機種なども揃っています。

 

全番手にステンレスSIC-Sガイドを採用

21ヴェローチェUX」には、全番手に共通してSIC-Sガイドが採用されています。

SIC-SというのはSiCの形状を進化させたもの。硬さと滑りの良さはそのままに薄型化し、約9%の軽量化を実現したガイドです。

従来のSiCの特長を引き継ぎつつ、トルザイトに迫る薄さと軽さを実現したガイドでロッド全体の軽量化に加え、操作性も従来のガイドよりアップしているとのこと!

そんな高品質なガイドが、「21ヴェローチェUX」に搭載されていると思うと凄くないですか?

 

 

更に、SIC-Sを装着したガイドフレームに関しては、「ステンレスフレームKガイド」を採用! これによってライントラブルが無く、快適に使用することができます。

また、74Xに関してはオールダブルフット仕様に。

 

ブランクスにもコダワリが

「ヴェローチェRV」にはグラファイトクロスを使用していましたが、今回の「21ヴェローチェUX」にはグラファイトクロスLVを採用。

 

グラファイトクロスLV

グラファイトクロスLVはグラファイトクロスと重量、成型厚み、タテ・ヨコの繊維構成比はそのままに、約10%の軽量化を実現した4軸カーボン! コレを採用することで、ねじれや潰れに対する強度と軽量化を両立。

 

グリップ・リールシートやジョイント部へのコダワリ

グリップ・リールシートの周りやジョイント部にも色々工夫が施されていますよ!

 

グリップ・リールシート

まず、グリップマテリアルに関しては高強度・耐食性に優れているEVAを採用。

 

リールシートに関してはベイトモデルとスピニングによって異なり、ベイトモデルはECSリールシート(74XはTCSリールシート)を採用。

スピニングモデルにはVSSリールシートとなっております!

 

ジョイント部

2ピースモデルのジョイント部にはフェルール(逆並継)を採用。まるでワンピースのようなスムースなベンディングカーブを実現します。

74Xは持ち運びに便利なグリップ脱着式です!

 

マニアックな機種にも注目! 次ページでは全9機種をそれぞれ紹介
1 / 2
次へ