ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【速報】JBトップ50第1戦ゲーリーインターナショナルCUP!優勝は武田栄喜

 

2021年4月4日(日)、福岡県・遠賀川で開催されたJBトップ50第1戦、「ゲーリーインターナショナルCUP」決勝戦。

3日間を通じて厳しい状況下で見事栄冠を手にしたのは武田栄喜プロ。予選2日目の時点では2位でしたが、決勝では2匹1,636gを記録、2位から1位へ逆転することに成功。

 

武田栄喜プロによるコメントもチェック!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

2位は藤田京弥プロ、3位は小森嗣彦プロとなりました。小森嗣彦プロに関しては予選の2日目の段階では3,176gで22位だったにも関わらず決勝で6,285gの高ウエイトを叩き出し、3位にまで登りつけることに成功。

 

小森嗣彦プロ

 

決勝結果
決勝(3日目)単日の結果は以下の通り。
ゼッケン 氏名 重量
1 T506
コモリツグヒコ

小森嗣彦

6,285g 5
2 T5011
カワグチナオト

川口直人

3,158g 4
3 T5018

SHINGO

2,588g 3
4 T5020
ミナミカズキ

南一貴

2,356g 3
5 T5013
ノムラシュンスケ

野村俊介

1,726g 3

詳しい全成績はJB/NBC公式サイトにて。

最終成績
JBトップ50第4戦の最終成績は以下の通り。
No. 氏名 重計 1重 2重 3重 p
1 T5012
タケダハルキ

武田栄喜

9,643g 3,662g 4,345g 1,636g 50p
2 T501
フジタキョウヤ

藤田京弥

9,469g 3,588g 5,665g 216g 49p
3 T506
コモリツグヒコ

小森嗣彦

9,461g 3,176g 0g 6,285g 48p
4 T5020
ミナミカズキ

南一貴

9,063g 4,315g 2,392g 2,356g 47p
5 T5014
ハヤノタケシ

早野剛史

8,792g 5,600g 2,042g 1,150g 46p

詳しい全成績はJB/NBC公式サイトにて。

 

 

以上、ひとまず結果報告とさせていただきます。

次回、第2戦目「東レソラロームCUP」は2021年6月4日(金)~6日(日)、広島県・弥栄ダムで開催。今年は誰が年間チャンピオンを勝ち獲るのか?