ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【春色はナニイロ?】田中亜衣イチオシの春のカラーセレクト

連載:ジャッカルソルト
寄稿:田中 亜衣

皆さま、こんにちは♪ 田中亜衣です。

暖かい春が来ましたね。釣りにはもってこいの季節…タイラバを楽しんでますか?

ノッコミも徐々に始まって、魚体も丸々としてきましたね。

 

毎年のことなのですが、この時期になるとどこの海域でも潮色がコロコロ変化します。

気づいている人も多いと思いますが、この潮色の変化のおかげで、ヒットカラーの移り変わりに追いつくのが大変で、一日の中でも上り潮と下り潮でアタリカラーがガラッと変わることもしばしば…

ということで、今回は潮色の変わりやすい春のカラーセレクトをテーマに「春のオススメカラー」について話したいと思います。これは、他の季節でも使える引き出しなので是非試してみてくださいね。

田中 亜衣(Ai Tanaka) プロフィール

ジャッカルプロスタッフ。業界初のニューハーフアングラー。 筋金入りのタイラバアングラーで、マダイを追い詰めていくタイラバゲームを愛する。 物腰の柔らかいトークと雰囲気とは裏腹な、完全な理論派アングラー。 どんな状況にも対応する柔軟なスタイルで、常に竿頭を目指す。

 

春は急に潮色が変わる

そもそも…

「いつもより濁っている」

「いつもより澄んでいる」

これっていつもの海ならわかる釣り人もいると思いますが、なかなか判断が難しいですよね。それに、海域によって元々の潮色は違うし。

そんな時は、とりあえず船長に聞いてみてください。この時期以外でも、そうやって船長からの情報収集は経験値を上げ、のちのち釣果に繋がりますよ。

 

春は急に潮色が変わる

春になると、冬にはなかった「オリ」のようなものが水面下に視認されることがよくあります。それに気がついてない人も、この時期になると、クラゲ以外のラインにゴミが付く経験はあると思います。

春の濁りの原因はいろいろありますが、このような物も濁りの原因の一つです。

ただ、この「オリ」のようなものも潮流次第で捌けて、急に澄み潮になる日もよくあるます。このような状況では朝から釣りをしながら潮色に注意していると、その変化が分かると思います。

 

春に強いカラーはグロ-

濁りにも澄み潮にも効く

濁りに強いカラーや澄み潮に強いカラー、それぞれにたくさんあります。

その中でもどちらの潮色でも「春」という季節に強いのが「グロー」です。

 

何故?ってよく聞かれるのですが、私の思う理由はいくつかあります。

その代表的なものが、春はまだまだ低水温で真鯛の活性も本調子とはいかなく、遊泳力のない小さなベイトを捕食しているから。

これは内海外海の両方に言えることで、オキアミや小さなイカ(ミミイカ ホタルイカなど)を捕食していることが多いんですが、実はオキアミもイカも海の中で光っているのです。そういうことからも春はグローが効くんじゃないかなと。

他にも春にグローを使う理由はありますが、またの機会にお話します。

このようなことから、毎年春になると「グロー」の出番が多くなり、他の季節より断然にこのカラーのパワーを感じることができます。

 

キーはグローの量

一概にグローと言ってもヘッドやネクタイ、トレーラー、バックファイヤーキャップ…どのユニットにも使えるカラーです。なのでド派手に全身グローにするのか、少しだけグローにするのかで真鯛からの見え方は全然違うものになることは容易に分かります。

ただ、傾向としては「ノッコミ」という派手に高活性の場合ではグローの部分を多くし、反対に低活性な場合はグローの部分を抑え気味にというような感じがすごくします。

どちらにしても少なからずユニット内にグローを入れていた方が良い場合が多いです。

 

気になるグローの量

では、グローをどれくらい使えば良いのか?

まずは少なめからスタート。その後どんどんグローのパーツを増やしてアタリの出かたを探っていってください。

では、ヘッドやネクタイ、スカート、トレーラーなど、グローパーツの特徴と使い方について紹介しますね。

 

シマシマグローのスカート

ネクタイなどをセットしたユニットにスカートを一本プラスすることはよくやるのですが、春は何と言ってもシマシマグローのスカートを1本プラスでしょう。

ジャッカル公式「ビンビン玉T+スカート」詳細ページはこちら

シマシマグローは黒とグローのシマシマで、黒い部分は発光しないため真鯛には点発光に見せることができ、オキアミや小さなイカなどを捕食しているタイミングでは強いカラーです。

 

鯛コームピンのグロークラッシュ

点発光でいえば、フックに付けるワームトレーラーの鯛コームピンの「クリアーグロークラッシュ」もオススメですよ。

ジャッカル公式「ビンビンワームトレーラー 鯛コームピン」詳細ページはこちら

クリアなボディに砂つぶくらいのグローのつぶつぶが混ぜ込まれていて、見た目も小さなイカのようでこの時期は絶対外せませんね。

 

バックファイヤーキャップのグローカラー

あと、控えめなグローでいえば、「バックファイヤーキャップのグローカラー」もよく使います。

ジャッカル公式「ビンビン玉 バックファイヤーキャップ」詳細ページはこちら

ヘッドとネクタイの間に位置するバックファイヤーキャップが発光するとその姿は「イカ」。コレもオススメなので試してみてください。

 

ビンビンワームネクタイツインテールのグローオレンジ

抑え気味なグローでは、ビンビンワームネクタイツインテールのグローオレンジ。

ジャッカル公式「ビンビンワームネクタイ ツインテール」詳細ページはこちら

このカラーは一般的なグローほどの発光力はなく、どちらかというと抑え気味なグロー感で「ボヤっ」と発光してくれます。ツインテールのグローオレンジは、特に潮色が少し澄んでいる時に信頼できるカラーで内海外海どちらでも対応してくれますよ。

 

ヘッドにもグロー

これはディープエリアでよく使うアイテムなんですが、ビンビン玉シリーズには「シロアマグロー」というカラーがあります。

シロアマグロー

ヘッドをこのカラーにすることで一気に派手になり、使うタイミングによっては爆発力もあり試す価値のあるヘッドのカラーです。特にデカい真鯛の確率が凄く良い点はエキスパートなら周知の事実で、BIG REDの確率も上がる春は欠かせないアイテムなのです。

とまぁ、このようなグローパーツの特徴を知った上で、どのパーツに使うか、はたまた何種類使ってユニットを組むかを試しながら、春の真鯛を攻略すると、ひと味違った春になるかもしれませんよ。

産卵までのひととき、今シーズンは「グロー」の使い手になってBIG REDを仕留めてみてください。

それでは皆さま、良い釣りを♪

 

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!