ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【通年デカシーバスが狙える】東京湾「アイランドクルーズ」須江一樹イチオシ!ストラクチャービッグベイトゲーム

寄稿:須江 一樹
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
ストラクチャー周りに効く点の攻め方

開発者の乃村さんも仰っている通り、Zモデルは点の釣りに特化したモデルなのでストラクチャー周りの釣りに適しています。

 

シーバスも実はストラクチャーが大好きな魚です。元来東京湾ではバース(桟橋)や橋脚の間にフリップキャストでルアーを投げ込む、穴撃ちと呼ばれる釣りがカテゴリーとして成立しています。近年ではこの穴撃ちをビッグベイトで行う事で、通年ビッグベイトでのビッグシーバスを狙う釣りが成立しうるフィールドだという事がわかり始めてきました。

Nグリは全長10センチですので、サイズ的にはビッグベイトという訳ではありません。しかし手に取って頂くとわかる通り、その存在感はビッグベイトに匹敵する存在感です。実際は小さいけど大きい存在感を出しているというサイズ感が、ビッグベイトでは少し強すぎる、でもビッグベイトくらいのアピール力がないとデカいシーバスが引っ張れないという、ハイシーズン以外のビッグシーバス狙いに絶妙にマッチします。

 

具体的な使い方

使い方は基本的に鼻のZモードアイと呼ばれるアイにスナップを取り付けて、ストラクチャーの際を通すようなコースで水中ドッグウォークアクションを繰り返し、シーバスを狙っていくというもの。

 

水中ドッグウォークアクションは言い換えるとダートアクションです。このダートアクションはシーバスを惹きつける・呼んでくる・捕食スイッチを入れるアクションで、今やシーバスを釣るうえで最重要とされるほど、重要視されているアクションです。

Zモデルはこのダートアクションをひたすら繰り返すことができるので、シーバスがたまらず飛びついてきます。ストラクチャー際でダートを繰り返すことができるルアーは中々ありません。特にこのサイズ感のルアーでは皆無ですので、唯一無二のシーバスルアーといえるルアーがNグリZモデルです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

須江 一樹(@sueasemamire)がシェアした投稿

2 / 3
前へ 次へ