ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

釣り場に1本だけしか釣竿を持っていけないとしたら、どの1本を選ぶ?

連載:トモ清水「ガッ釣りソルト」

こんにちは、トモ清水です。釣りは使用用途に応じて複数の特性が異なる釣竿を使い分けるのがベストで、釣り場に複数本、持ち込むのが普通だと思います。

今回はトモ清水的に、もし1本しか釣竿を持っていけないとしたら、どの1本を選ぶか、ご紹介していきたいと思います。逆に言うと、その1本さえあれば、何とか釣りになるというロッドを選ぶことになりますので、釣竿を購入する時の参考になると思います。

汎用性が高いロッド①

まず1本に限定しなければならないシチュエーションとしては、はじめの1本を購入する時、ビジネスなどの出張時、旅行など荷物が制限される時、ちょっとだけ空いた時間に釣りをする時、など1本だけ持って釣りに行くシチュエーションも少なくないと思います。

そんな時に持っていく1本は、出来るだけどんな釣りに使える汎用性が高いロッドがベストです。小さい魚から大きな魚まで狙え、軽いルアーからちょっと重いルアーまで、色々な種類のルアーが使えるロッドがいいですね。

アブガルシアのベイトフィネスロッドで今人気なのが、コスパが高く、気軽に購入できるソルティースタイルのベイトフィネスロッド。どのモデルを選んでもOKです

そんな都合の良いロッドがあるのか?と思われますが、トモ清水的に最も汎用性が高く、あらゆる釣りに使えるロッドが、ソルトのベイトフィネスロッドだと感じています。

アブガルシアからは、このSWのベイトフィネスロッドは、高価格のハイエンドモデルから低価格のエントリーモデルまで揃っています。どの価格帯であれ、ソルトのベイトフィネスロッドは実にあらゆる釣りに使えます。メバルやアジングのライトゲームはもちろん、シーバスやクロダイ、ロックフィッシュの大型魚、アオリイカやヒイカのエギングにも使えますし、実はオフショアのイカメタルゲームやバチコンアジングにも使えます。

またチヌの落とし込みや筏釣り、ハゼクランクにも使えます。ソルト以外ではブラックバスで多用している方も多いです。またトラウトにも最適で、迷ったらベイトフィネスロッドだけを携えて釣りいきますし、これだけで何とかなるものです。

でも、いきなりベイトタックル?という方も多くいらっしゃると思います。ベイトタックルだと難しそう、バックラッシュが心配、と簡単ではないイメージが強いですが、最近のベイトフィネス用のベイトリールは10年前とは比べ物にならないくらい進化しており、さらに価格も下がって、気軽に購入出来ます。

やはり快適にベイトフィネスを楽しむには専用のベイトリールがおすすめです。アブガルシアでは、ロキサーニBF8ウルトラキャストBF8ALC-BF7などのリールがおすすめです。

ベイトフィネスは小さいメバルから尺メバルまで、どのサイズでもベストに扱えます

ベイトフィネスといえばライトロック。小さなカサゴからちょっと大きめのキジハタまで狙えます!

ベイトフィネスでも巨鯉を釣ることは可能

汎用性が高いロッド②

次にスピニングタックルだと、どの1本を持っていくのか?

コスパも考慮して、また現地点でアブガルシアのブランドでも1位2位を争うロッド販売本数を誇る大人気のロッドを紹介したいと思います。

XROSSFIELD(クロスフィールド)のXRFS-702L。こちらはやはりメバルやアジングなどのライトゲームからシーバス、渓流トラウト、ブラックバスまであらゆる釣りに使えます。クロスフィールドの数あるラインナップの中でもトップを争う人気のモデルとなっています。

 

 

このモデルは、レングスは7フィートジャストで、長すぎず短すぎず、非常に使いやすいのが特徴です。ティップは、メバルやアジに最適な繊細さがありながら、バットパワーは、イナダやシーバスなど大型が掛かっても寄せられるパワーを持っています。

フィールドも海から湖、河川まで、どこでも使用できます。仮に離島でサバイバルゲームをしなければならなくなった時、この1本があれば生き残れるでしょう!(笑)

クロスフィールドは、どんなフィールドでも、どんな魚種でも自由に楽しめるというコンセプトなので、本当に気軽に釣りを純粋に楽しめますね!

陸から狙いのシーバスはもちろん、ボートからのシーバス狙いにもオススメですよ~

管理釣り場でもクロスフィールドのロッドは活躍してくれます

ブラックバスにソルトのベイトフィネスロッドやクロスフィールドを多用しているアングラーは実は非常に多いのです

携帯性が高いロッド

ベイトフィネスとスピニングタックルの、1本選ぶとしたら最適なモデルをご紹介させて頂きましたが、どちらとも携帯性が非常に高いモバイルパックロッドのモデルもラインナップしています。パックロッドにすることで、さらに1本で気軽に、どこでも、いつでも、釣りが楽しめますね!

ベイトフィネスのモバイルで非常に人気が高いのが、ソルティーステージKR-Xベイトフィネスカスタム。4ピースの694ULT-MB-KR、もしくは5ピースの745MLS-KRがおすすめです。

クロスフィールドのXRFS-702Lのモバイルロッドとして、4ピースのXRFS-734L-MBがあります。

最近はますます、このパックロッドの需要、人気が高まってきています。

ベイトフィネスもクロスフィールドも、もともとコレっという明確なターゲットを敢えて決めていません。むしろ逆で1本で何でも出来るようなコンセプトで設計、作られています。

もちろんそれはルアーだけでなく、エサ釣りでも使ってもよいロッドです。ですからたった1本あれば、特化したスペシャルなロッドではないですが、様々な釣りにそつなく幅広く、ご使用できます。

ぜひ、迷った時の選択肢として検討してみてはいかがでしょうか!?

トモ清水でした~!

See you soon!