ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

来たる春イカシーズンに「L」という選択肢。ヤマガブランクススタッフによる「Lクラスのエギングロッド縛り」春イカ釣行記

みなさん、こんにちは。最近Lクラスの魅力にハマってしまった、ヤマガブランクススタッフのT岡です。

突然ですがエギンガーの皆さん、Lクラスロッドにどんな印象をお持ちですか?

しゃくりにくい、遠投性に欠ける、感度が悪い…など、マイナスイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

正直、以前は私自身もそんなイメージ。

今回はあえて、そのLクラスロッドを使用して挑んだ実釣レポートを交えて個人的な使用感や、シチュエーションごとの使い分けなど、スタッフブログを元にしてレポートさせていただきます。…Lクラスのロッドの印象、変わるかもしれませんよ。

 

2月28日/大潮 満月「Mebius88L」早春エギング釣行

最近早生まれの春イカが釣れているということで単独、熊本県の天草方面へ。

夕まずめ、干潮から上げ潮狙いで18時ごろ釣り場に到着。潮通しがよくベイトが溜まりやすい港を選びました。

 

堤防の先端には先行者がいたのでテトラから釣り開始。はやる気持ちを抑え、まずは手前のテトラ周りを丁寧に探っていくも反応無し。

本命の潮目にフルキャスト。ティップにしっかりとエギの重さを乗せてキャストすることで88の遠投性能を発揮でき、狙った潮目に届かせることができました。

ボトムからスローなショートピッチジャークで誘ってくると「コツンッ」と前アタリが! 焦らずもう1度誘いを入れテンションフォールで…しっかりと抱いてくれました!

 

この日は風速4~7mでエギング日和とは言い難い状況でしたが、ここでも88のロングレングスを生かしたラインメンディングをする事でアタリをとることができました。

 

その後は、200g~600gまでのアオリイカをリリース含め8杯釣ることができ満足な釣行となりました。

 

Mebius88L

ヤマガブランクス公式「Mebius88L」詳細ページはこちら

Lクラスならではのしなやかさを生かしたショートピッチジャーク、スラックジャークは、Mクラスロッドに比べてかなり楽にしゃくることができ、渋い状況でもスローに誘うことができます。

そして、88のロングレングスを生かした遠投性は遠くのイカを引き出し、ラインメンディング能力は足場の高い堤防やテトラ帯、風が強い状況でもイカのアタリをとることができます。

感度に関しても、しなやかながらハリのあるブランクですので前アタリも分かりやすく、繊細な誘いの後の「動」と「静」の間に出るアタリも敏感に感じ取ることができます。

サイトフィッシングにもオススメで、足元でもショートロッドに比べ長くフォールさせることができ、少ないチャンスをものにできる可能性がグッと上がります。今回デカイカを釣ることができませんでしたが、しなやかなティップとしっかりしたバットは、2kgアップのデカイカにも対応できるモデルです。

出典:YouTube「YAMAGABlanks Product CHANNEL

 

3月13日/大潮 新月「Mebius710L」・「Calista86L」初春エギング

最近は海水温も安定し、藻も生えてきて海の中はだいぶ春らしくなってきました。天草エリアでも各地でキロUP、2キロUPが釣れているらしく、春イカシーズンはもう目の前といった雰囲気です。

夕まずめ、上げ8分。

個人的にとても好きなタイミングで釣り開始。潮止まり前後2時間ははずせませんよね。

まずは、感度抜群のCalista86Lを使うことにしました。PEラインがガイドにこすれる感覚まで手に伝わる86Lの高感度性能は、視覚的なアタリがとりづらく感覚的にアタリをとっていくナイトエギングや、渋い状況にオススメの1本です。

久しぶりのエギングでワクワクしていたのもつかの間…アタリすら無く、周りのエギンガーさんたちも釣れてない様子。そこで、エギのカラーをこまめに変えながらボトムメインで探ることに。

ボトムステイを混ぜながらじっくり誘っていると、ステイ中にもぞもぞと違和感が。アワセを入れると同時に鳴るドラグ! 潮流に乗ったアオリイカはかなり引きますが、Calistaはスピーディーに浮かせて寄せてくれます。

1406g。 今季初のキロUP。86Lだからこそとれたアタリに大満足しました。

 

翌日はMebius710Lを使用してランガンへ

その後もう1杯追加し、そのまま車中泊。

翌朝は寝坊することなく、マズメから釣りを開始するも、気づけば2時間経過。潮もかなり緩くなってきたのでここからは、Mebius710L使ってランガンすることに。ショートレングスロッドの取り回しの良さと、Lクラスの感度を生かし小磯や港に居ついているイカを狙います。

週末ということもあり、どのポイントにも先行者が。外海側は入れなさそうなので、意外と探られていないだろうと港内をテンポよく探っていくことに。

ランガン開始から4ヵ所目の港。外海から港内へ流れ込む潮に乗せてエギを送り込んでいくと…

 

小型ですが苦労して釣った1パイは言葉にできない嬉しさがあります。その後、数投し気持ちよく帰路につきました。

 

Calista86L

ヤマガブランクス公式「Calista86L」詳細ページはこちら

トルザイトリングとナノアロイ®技術を採用しているCalistaのブランクは、キャストもシャクリもビシッと決めることができ、デカイカを素早く寄せてくれるという特長が。ライトな使用感ながら3.5号のフルキャスト、2kgUPのデカイカにも対応しています。

個人的に86Lの高感度性能は、渋い状況を打破してくれるイチオシのモデルで、イカパンチはもちろん潮流やボトムマテリアルまで感じ取れます。

出典:YouTube「YAMAGABlanks Product CHANNEL」

 

Mebius710L

ヤマガブランクス公式「Mebius710L」詳細ページはこちら

弊社エギングロッドの中で最軽量な84g。この軽さはランガンや新規開拓のお供にピッタリです。

バットパワーがあり、ブランクには3号はもちろん、3.5号も余裕でキャストできて2kgUPのデカイカにも対応しており、ボートエギングにもオススメ。Lクラスショートレングスロッドならではの感度と取り回しの良さはアグレッシブなエギンガーに使っていただきたい1本です。

出典:YouTube「YAMAGABlanks Product CHANNEL」

 

1 / 2
次へ