ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

こんな形はメバルも見たことない?「コイケシュリンプミニ」×「HUミノー77SP」で東京湾メバリング!

寄稿:蘆原 仁

メバルプラッギングには「HUミノー77SP」

また昨今、メバリングゲームと言えばプラッキングで楽しまれる方も増えてきておりますが、プラグでオススメなのはHUミノー77SP

高活性のメバルにテンポよくアプローチ

元々このルアーはバス用の為、淡水設定でサスペンドになっています。海水で使用する事でフローティング気味になり、表層付近を意識しているメバルに抜群の効果があります。

 

ボートゲームなどで、テンポ良く高活性のメバルにアプローチするにはかなりおススメのルアーです!

カラーは、現状バスカラーのみですが、メバリングで絶大な実績のあるチャート系が含まれた「♯160 ミスティーライム」「♯247 たまらんばいイエロー」などがおススメです。

♯160 ミスティーライム

 

♯247 たまらんばいイエロー

 

こちらのアクションもただ巻きが基本になりますが、その日のメバルの活性に合わせた巻き速度が爆釣へのキーポイントになります。

 

タックルセッティングに注意が…

この「HUミノー77SP」は、東京湾ではメバルのみならずシーバスにも効果的なルアーです。メバルを狙っていてシーバスが不意にヒットする事も多々あるので…、使用する際は、ライン号数設定やリールのドラグ設定には注意が必要です。

また、最近ではベイトリールの性能が向上していて、小型のルアー(ワーム、プラグ)がキャストしやすくなっている為、ベイトタックルで楽しむのもオススメです!

 

2 / 3
前へ 次へ