ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

こんな形はメバルも見たことない?「コイケシュリンプミニ」×「HUミノー77SP」で東京湾メバリング!

寄稿:蘆原 仁

みなさん、こんにちは!ハイドアップフィールドテスターのアッシーこと蘆原仁です。

今回は、これから楽しくなるメバリングについて。

これから5月頃に掛けて、東京湾ではメバルのアフタースポーンのタイミング。回復した個体の荒食い時期に突入し、オカッパリやボートゲームで、ワームやプラグで楽しい釣りができるようになっていきます。

そこで、ワームとプラグを使った「東京湾のメバリング」を紹介したいと思います!

蘆原 仁(あしはらひとし)

関東方面のライトゲーム全般が大好物。エリアトーナメンターとしても活躍中。生粋の超ライトゲームマニアだ。1981年生、神奈川県在住 ハイドアップスタッフ/サンラインフィールドテスター/ハピソンプロスタッフ

 

バスが釣れるならメバルも釣れる?

バスフィッシングで実績多数のハイドアップのワームやプラグ。それらのルアーのダウンサイズバージョンは、このメバリングゲームでも非常に力を発揮します。

特に最近、私が注目しているアイテムの1つは…独特なシルエットが特長的なコイケシュリンプミニです。

コイケシュリンプシリーズは、「ミニ」をはじめとして、「オリジナル」「ビッグ」最近登場した「マグナム」…と、様々なサイズがありますが、私がメバリングで使用するのは「ミニ」で、シリーズでは一番小さいサイズになります。

 

コイケシュリンプミニの使い方

ジグヘッドはアジング、メバリングで使用するジグヘッドの♯4~♯6番のフックが適合します。

リグ自体は、ジグヘッド単体やフロートリグなどを使用。ジグヘッドウエイトは0.2~3g・4gまでと幅広く使えますが、個人的に出番が多いのは、ジグ単で1.5~2.5g。

 

このコイケシュリンプミニは、もうすぐ発売予定の「スタッガーオリジナル1.5インチ」や、既に発売されている「スタッガーワイド1.5インチ」などに比べるとボリュームがあり、一見、メバルには大きいかも!?と先入観から思われる方も多いかもしれません。

しかし、そのボリュームが生み出すスローフォールや。コイケシュリンプの代名詞とも言えるボディから生えた突起(毛)が生み出す波動などは、他のワームに無いアクションとなり、アピールが可能。 スレているメバルにも絶大な効果を発揮するタイミングがあるんです。

 

アクション方法

リトリーブ&アクションについては、基本的にはレンジを刻んでのただ巻きが有効です。また、状況によってチョンチョンアクションとフォールを織り交ぜたリトリーブも効果的な時があります。

 

副産物?!嬉しいメリットはこんなトコロにも

コイケシュリンプミニは、その突起(毛)の抵抗からフォールスピードはいたってスロー。そのため、ジグヘッドのウエイトを上げる事ができて、風が吹いている際などにも扱いやすいんです。

また、低活性時など、スタッガーオリジナル1.5インチやスタッガーワイド1.2、1.5インチでバイトは多いけどノラない…そんなときは、バイトが浅いことが考えられます。コイケシュリンプミニは、その突起(毛)の抵抗があり吸い込みの弱いメバルの口にルアーが入りやすいように感じていて、有効的だと感じる場面もあります。

 

1 / 3
次へ