ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【春イカ連発】スクイッドジャンキーシリーズ第一弾「ライブリーダート」はフォールがキモ!日本海でキロアップ連続捕獲!

寄稿:橋本 翔大

皆さん、こんにちは。ハヤブサスタッフの橋本翔大です。

今回紹介させていただくのは、ついに発売になります…スクイッドジャンキーシリーズの第一作目ライブリーダートの春イカ釣行編!

ライブリーダートは、その名前からアクションに注目されがちですが、実は「フォール」に特にこだわっています。フォールにおけるこだわりのポイントとともに、デカイカの連発劇を紹介させていただきます。

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

釣具メーカーHAYABUSAスタッフ。愛称は「はっしゃん」。 ジャックアイやスクイッドジャンキーなど、ハヤブサ製品の広告・宣伝に関する全般を担当するメディアアングラー。 幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。 エギング、ショアジギングを中心としたルアーフィッシング全般を得意とし、TV番組やYouTubeなど、各種メディアにて活躍中。1993年生まれ 大阪府出身 兵庫県在住

 

京丹後で狙う春のデカイカ!使うエギはもちろんライブリーダート!

日本海側の春イカはその爆発力に定評があり、日によってはキロアップが複数杯釣れることも!…居ても立っても居られず、完成したてのライブリーダートを引っ提げて、いざ京丹後のポイントへ!

 

ライブリーダートとは

ここでライブリーダートを少しだけおさらい紹介!

2021年ハヤブサから新たに始動となるエギブランド「SQUID JANKY(スクイッドジャンキー)」シリーズの第1作目として登場するのが、今回のライブリーダートです。特長としては、その名の通り「ライブリーアクション」を生み出すこと。ボディやシンカーの形状を工夫し、まるで生きているかのような動きでイカを魅了します。

出典:YouTube「HAYABUSA公式チャンネル」

しかし!このエギの武器はアクションだけではありません。今回はフォールにも非常にこだわっており、難しいイメージの春イカでさえも躊躇なく抱かせることができます。その一部始終をご覧ください!

 

朝イチから連発!ライブリーダートがセンシティブな春イカに効く理由

夜明けと同時に実績のあるポイントへ。カラーは「マヅメオレキン」をチョイス。

マヅメオレキン

このカラーはカラー名に「マヅメ」と入っており、朝・夕マヅメの光量の少ない時間帯に最も効力を発揮するカラー。もちろん曇天の日中などでも実績が高いです。

潮もいい感じに効いており、釣れる気配がムンムン。何投かキャストし、フリーフォールさせていると小さなアタリが。すかさずフッキングを入れると、秋の新子サイズにはないズッシリとした重み! その直後、心地いいジェット噴射でグイングイン引きます。

慎重にファイトし、上がってきたのは良型のアオリイカ! いきなり春イカゲットとなりました。

 

春イカは回遊性が強く、群れで移動していることが多いため、チャンスを逃さないようすかさずキャストします。何投かしているとまたまたヒット! 今度は一切シャクらず、フォールのみで抱いてきました! 1杯目のアオリイカよりもさらにグッドサイズです。

 

若干スローなフォールスピード×絶妙な姿勢とバランス

ライブリーダートはフォール姿勢にとことんこだわったエギなので、春イカ狙いにはもってこいです!

一般的なエギと比べて若干フォールスピードをスローに設定し、姿勢はイカがもっとも抱きやすい角度で調整。さらに潮流を受けてもエギが姿勢を崩さないように、ボディとシンカーのバランスも絶妙に設定しています。

ライブリーダートはシャクった際のリアルなアクションに注目されがちですが、僕はフォール時にこそ、ライブリーダートの真価が発揮されると思っています。

 

怒涛のキロアップ4連発!春イカ狙いにはぜひライブリーダートを!

その後も勢いは止まらず、さらに1杯追加。これもキロアップの良型です。

しかし!ここでアクシデントが発生。なんと同行していたカメラマンさんが腹痛の為一時撮影を離脱することに。

そしてこういうときに限って釣れるんですよね(笑) 引っかかるようなアタリを強めにフッキングすると、今日イチの重みが!ジェット噴射のストロークも大きく、良型を確信!上がってきたのは1.41キロのオスイカでした!

残念ながら写真を収めることはできなかったのですが、三脚でビデオだけは回していたので、下の動画に収めることはできました! ほかの3杯のヒットシーンや、エギの説明も合わせてぜひご覧ください!

ライブリーダートはとにかくセンシティブな状況で効力を発揮します。前述のとおり、スローなフォールスピード、姿勢にとことんこだわっているため、警戒心の強い親イカやハイプレッシャーエリアのスレイカ攻略には、ぜひライブリーダートを使ってみてください!

 

ライブリーダートはカラーラインナップが魅力

また、ライブリーダートはカラーラインナップも幅広く、カラー数はなんと20種類!今回はフォールスピードや姿勢についてお話させていただきましたが、次回はカラーについてお話させていただきます。 こちらも、ぜひお楽しみに!!

 

春イカ連発!ナチュラルダートで春アオリ攻略|スクイッドジャンキーVo.2

出典:YouTube「HAYABUSA公式チャンネル」

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。