ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【表層からボトムまで1つでトラウト攻略】FATAの「SFOON(スフーン)」は順付け&逆付けで2度オイしい!

みなさんこんにちは!GOSENの岡本です。

今回はGOSENのトラウトブランド「FATA」から発売している、「SFOON(スフーン)」のご紹介をいたします。

遊び心満載の形をしたスプーンですが、見た目に反して、色々な使い方ができ、釣果も抜群なルアーとなっています。

先日、「服部緑地ウォーターランドフィッシングパーク」にてSFOONで実釣をしてきました。

SFOONにはスタンダード使用と逆付け使用ができるという特徴があります。

スフーンの基本セッティング

まずはスタンダード使用の巻きで使うセッティングですが、基本はロールアクションです。

ただ巻きでイレギュラーアクションが入るのでバイトを誘発してくれます。

この日の午前中は魚が浮き気味だったので、SFOONの0.7g「カラシ」でレギュラーサイズが連発でした。

突然のひったくるようなバイトと共にドラグが出され、10分格闘の末、上がってきたのは50cmアップのロックトラウト!

逆づけセッティングでバックスライド

お昼を過ぎたあたりで「曇り+風」で魚のポジションが底付近に移動したので、SFOONの1.4g「ブラウンペレット」を逆づけ使用にセッティングして使用。

このセッティングは後方重心になるため、フォール時にバックスライドしてくれます。

そのため、ラインスラックが出にくくフォール時のバイトも明確に伝わってきます。

少し遠投し、底をリフト&フォールで探っているとHIT!

40cmクラスのブラウントラウトでした。

ひとつで表層からボトムまで

また魚が浮いてきて活性も上がっていたのでSFOONの1.4g「蛍光ピンク」のスタンダード使用にし、少し早めにリトリーブするとニジマスのアルビノをゲット!

この様に「SFOON」一つで表層からボトムまでの巻きの釣り、リフト&フォール・ボトムバンプといった使い方ができ、さらに色々な魚種を狙えるという特性を持っています。

遊び心を忘れず「SFOON」マスターを目指してみてはどうでしょうか!?

タックルデータ

ロッド:FATA スティックレゾネーター FSR622UL
リール:シマノ 19ヴァンキッシュC2000SSS
ライン:FATA レゾネーターポリエステル 1.9lb(0.4号)
リーダー:FATA  レゾネーターリーダーFC 2.5lb(0.6号)

ゴーセン(GOSEN)

1953年設立、大阪府大阪市中央区に本社を置く繊維ブランド。フィッシングラインの開発から始まり、その後テニスやバドミントンのガットなどを手掛け、現在は世界的に注目されているブランド。 すべての製造工程を自社内でトータルに手掛け、「細くて強い糸」の実現に向け、日々研究開発を重ねている。