ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ネコリグ・ダウンショット・ノーシンカー推奨のハイプレッシャー特化ワーム!エンジンの「S.T.PICK(エスティ―ピック)2.5」

出典:エンジン公式S.T.PICK詳細ページ

2020年9月に登場したエンジンのS.T.PICK2.5。

コンセプトは「ハイプレッシャーレイク攻略特化型ストレートワーム」

デザインはシンプルなストレートタイプのワームですが、素材感やノーシンカーでの飛距離、ネイルシンカーを打ち込んだときのアクションなどハイプレッシャーフィールドを想定したこだわりが凝縮されています。

今回はそんなS.T.PICK2.5の機能性についてご紹介していきます。

推奨リグはノーシンカー、ネコリグ、ダウンショット

ストレートタイプのワームはリグの汎用性も高い反面、どのリグが最適か分かりにくい部分もあります。

このS.T.PICK2.5ではノーシンカー、ネコリグ、ダウンショットが推奨とされてます。

細いPEとの組み合わせで飛距離も抜群!ノーシンカー

スレバスに圧倒的な釣果を持つノーシンカーセッティング。

しかし、ノーシンカーの弱点はその軽量さゆえの飛距離が出しにくいこと。

S.T.PICK2.5も2.5インチと小柄なボディですが、細いPEラインと組み合わせることで十分な飛距離を出すことが可能となります。

そして注目はフォール時の自発アクション!

従来の3inch以下のストレートワームではフォールでの自発アクションが難しく、基本はネコリグやダウンショット、ジグヘッドワッキーなどロッドアクションでの誘いが中心となります。

しかし、このS.T.PICK2.5はノーシンカーでもしっかりとアクションするため、ハイプレッシャーフィールドのバスでも誘いだすことができる性能になっています。

仮に水深1m以下でもしっかりフォールアクションしてくれるので、房総エリアはもちろん水深の浅い霞水系でも活躍します。

ピンポイントで細かく誘えるネコリグ・ダウンショット

ネコリグの場合、0.8gのネイルシンカーであればシルエットを損なうことなく挿入できるようになっています。

朝晩で水温の変化が伴う初春のシーズンはバスがストラクチャーの陰やボトムにとどまっている場合も多く、じっくり誘いたいときにはネコリグ・ダウンショットなど沈めて使うのがオススメです。

推奨フックはSUPERIOR MⅡフック#10。

エンジン公式SUPERIOR MⅡフック詳細ページはこちら

監修の羽生和人プロ直伝!「房掛け」セッティング

出典:TokitaGuideService公式羽生和人プロhablog

S.T.PICK2.5を監修した羽生和人プロオススメのサイト用セッティング「房掛け」。

アクション性に優れたS.T.PICK2.5を2本使用することでよりアピール力を増したセッティングです。

サイトフィッシングに非常に活躍するとのことで、浮いたバスに対してもその効果は抜群!

2本を掛けにすることでウエイトも増して、キャスト・操作感もUPします。

房掛けセッティングのポイント

Fマーク箇所

この房掛けのポイントはそれぞれのセッティング箇所です。

まず1本目はFマーク付近にフックを挿し、2本目はちょうどボディの真ん中あたりに挿します。

この時、頭の向きを互い違いにすることでフォール時のアクションはより複雑化し、バスのバイトを誘発してくれます。

フックはスーペリオ MⅡフック#8が推奨とのことで、そのセッティング詳細や実釣については羽生プロのブログ「hablog」にて公開されています。

TokitaGuideService公式羽生和人プロhablog詳細ページはこちら

カラーはサイト可能な6色展開

カラーは6色。

サイトにも優秀なので、視認性の高いカラーから、リアルベイトカラーなどがラインナップされています。

グリパンブルー

グリパンミミズ

ライブワカサギ

コーラ

S.T.ピンク

エビミソレッドフレーク

エンジン公式S.T.PICK詳細ページはこちら

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。