ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【21ルビアス エアリティ】なんせ軽い!フラッグシップに次ぐ上位機種!ダイワの超注目NEWリールが登場

2021年のダイワのNEWスピニングリールの中で、最注目といえるのが最上位機種に迫るスペックのNEWリール「ルビアス エアリティ」。

そんなルビアスエアリティがいよいよ登場!

 

21ルビアス エアリティ

フィネスカスタムモデル=2021.02登場
LT2500~4000-Cサイズ=2021年3月10日頃登場
(FC LT 2500S-XH-QD=2021.04登場予定)

名機と評される、軽さが特長の「トーナメント エアリティ」。その「エアリティ」を名前に冠し、軽さへのこだわりが追求された意欲作!「21ルビアス エアリティ」が登場!

この21ルビアスエアリティでは、軽さの追求に加え、AIWAの最新テクノロジーが惜しみなく投入されています!

軽量、高剛性のフルメタル(Mg製)MQ(モノコック)ボディに大口径の超々ジュラルミン製MCタフデジギアを封入! それによって高い回転性能、回転耐久性実現しています!

トラウト、バス、ライトソルトゲーム対応の小型番手からエギング、シーバス、ライトショアジギングまで対応する大型番手まで、幅広いルアーフィッシングを想定したラインナップも魅力!

 

ダイワ公式「21ルビアス エアリティ」詳細ページはこちら

 

 

21ルビアスエアリティの特長をピックアップ!
ここが20ルビアスとは違う

とにかく軽い!

「20ルビアス」のLT2500番以降の同番手を比較するとすべて軽くなっています。例えば、登場が予定されている中での最大モデル「LT4000-CXH」を見てみると、自重は200g。同番手の20ルビアスを見ると215g

軽さが特長だった20ルビアスのさらに上をいく軽さ。圧巻です。

 

 

性能でまとめると…「20ルビアスに比べ、番手によりやや軽くなった上に、剛性・回転性能・回転耐久性がアップした新しいリール」という訳です。

 

こんなところにも注目!

QD(クイックドラグ)仕様がラインナップ

FC LT2500S-XH-QDという見慣れない型番がラインナップされていますが、これは「FC LT2500S-XH」をクイックドラグ仕様にチューンしたもの。ライトリグを扱うバスフィッシングで超ライトラインを使用するときなどに、瞬時にドラグテンションの調整が可能となっているモデルです。

 

 

全14種がラインナップ

ルビアスといえば、アジ・メバ、バス、エギング、シーバス…と、その幅広い汎用性も魅力。気になる機種は全14種がラインナップ予定。

品名 巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) ギア比 自重(g) 最大ドラグ力(kg) 標準巻糸量 ナイロン (lb-m) 標準巻糸量 PE (号-m) ベアリング ボール/ローラー
メーカー希望本体価格(円)
FC LT1000S-P 61 4.9 150 5 2.5-100 0.3-200 11/1 57,000
FC LT2000S-P 64 4.9 150 5 3-150 0.4-200 11/1 57,400
FC LT2000S-H 76 5.8 150 5 3-150 0.4-200 11/1 57,400
FC LT2500S 72 5.1 155 5 4-150 0.6-200 11/1 57,900
FC LT2500S-XH 87 6.2 155 5 4-150 0.6-200 11/1 57,900
FC LT2500S-XH-QD 87 6.2 155 5 4-150 0.6-200 11/1 59,900
LT2500 73 5.2 170 10 6-150 0.8-200 11/1 57,900
LT2500-XH 87 6.2 170 10 6-150 0.8-200 11/1 57,900
LT3000S-C 77 5.2 175 10 6-150 0.8-200 11/1 58,900
LT3000S-CXH 93 6.2 175 10 6-150 0.8-200 11/1 58,900
LT3000 77 5.2 190 10 8-150 1-200 11/1 59,900
LT3000-XH 93 6.2 190 10 8-150 1-200 11/1 59,900
LT4000-C 82 5.2 200 10 12-150 1.5-200 11/1 60,900
LT4000-CXH 99 6.2 200 10 12-150 1.5-200 11/1 60,900

 

FC LT1000S-P

 

トラウト・アジング・メバルゲームなどのライトゲーム対応モデル。150gの軽さは、ライトルアーを使用した繊細な釣りにおいて大きなメリットに。

巻き感度を重視するエリアトラウトやアジング等での使用を想定した「FC LT1000S-P」は、超軽量ハイグリップI型フィネスノブを標準搭載。ラインキャパはナイロン2.5lb-100m、PE0.3号-200m。

 

FC LT2000S-P

淡水、海水問わず、ライトゲームカテゴリーにおいて、最もバーサタイルに使用できる一台。こちらも150gと軽く、繊細さが求められる釣りでは大きなメリット。巻き感度を重視するエリアトラウトやアジング等での使用を想定し、超軽量ハイグリップI型フィネスノブを標準搭載。ラインキャパはナイロン3lb-150m、PE0.4号-200m。

 

FC LT2000S-H

 

自重150gながら、巻き取りの速い「FC LT2000S-H」は渓流域でのネイティブトラウトにオススメなんだそう。またアジング・メバルゲームなどのライトソルトウォーターカテゴリーにもおすすめの一台。またハイギア仕様のため、しっかりと握り込めるハイグリップI型ノブ仕様。ラインキャパはナイロン3lb-150m、PE0.4号-200m

 

FC LT2500S

コンパクトなボディに更なる遠投性能を高めたフィネスカスタムモデル。2500番クラスで155gという軽さで、ライトリグを扱うバスフィッシングに最適とのこと。ライトソルトウォーターカテゴリーにおいてもバーサタイルに使用できる一台。ラインキャパはナイロン4lb-150m、PE0.6号-200。

 

FC LT2500S-XH

FC LT2500Sのエクストラハイギアモデルが「FC LT2500S-XH」。巻取りが速く、素早いラインスラック回収が魅力。ラインキャパはナイロン4lb-150m、PE0.6号-200m。

 

FC LT2500S-XH-QD

ライトリグを扱うバスフィッシングに最適なFC LT2500S-XHをベースに超ライトライン使用時に、素早くドラグテンションの調整を可能にしたクイックドラグ仕様。ラインキャパはナイロン4lb-150m、PE0.6号-200m。

 

LT2500

これ1台でエギングなどのソルトから、バスやトラウトなど淡水まで幅広く網羅できる、最もバーサタイルに使用できるモデル。よりタフに使いこめる2500ボディにより、パワフルな巻上をアシスト。シャロースプールモデルでPE0.8号200mがピッタリ巻ける。

 

LT2500-XH

LT2500のハイギアモデル。XHギアによる巻取りの速さからルアーの回収速度が上がり、テンポの良い釣りが可能に。

 

LT3000S-C

エギングは勿論、ベイエリアのシーバス、中規模本流でのイワナ・ヤマメ・アマゴなど、様々な釣りに対応可能なユーティリティモデル。ラインキャパはナイロン8lb-150m、PE1.0号-200m。

 

LT3000S-CXH

「LT3000S-C」のハイギアモデル。こちらもピッチの速い釣りに。ラインキャパはナイロン8lb-150m、PE1.0号-200m。

 

LT3000

これ1台でソルト域から淡水まで幅広く網羅できるバーサタイルモデル。よりタフに使いこめる3000ボディにより、流行のSLJ(スーパーライトジギング)にも完全対応。巻き上げトルクはシリーズ最強。ラインキャパはナイロン8lb-150m、PE1.0号-200m。

 

LT3000-XH

幅広く使えるLT3000のハイギアタイプ。SLJにももちろん対応、巻き上げ速度を生かした手返しの良い釣りが可能に。ラインキャパはナイロン8lb-150m、PE1.0号-200m。

 

LT4000-C

 

ローギア×ロングハンドルによるパワフルかつ軽快な回転性能を実現した4000スタンダードモデル。SLJなど巻きを重視するソルトアングラーはもちろん、ただ巻きでルアーを引くシーバスアングラーに最適なモデル。ラインキャパはナイロン12lb-150m、PE1.5号-200。

 

LT4000-CXH

シーバス、ライトショアジギングのド定番モデル。ラインキャパはナイロン12lb-150m、PE1.5号-200。

 

価格帯、スペック的に最上位のイグジストに次ぐ上位機種であることは間違いなし。早く実釣で使ってみたいです!

 

LUVIAS AIRITY IMPRESSION|Ultimate BASS by DAIWA Vol.305

出典:YouTubeチャンネル「Ultimate BASS by DAIWA」

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!