ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【デカいスレバスをシッカリ獲るために】O.S.Pプロスタッフ「林 晃大」に訊いてみた!春バス攻略で必要不可欠となるあれこれ

バスフィッシングをしている方なら、誰もが好む季節であろう「春」。

冬よりも水温が上昇して釣れやすい、型のイイ魚が出る、数が狙える、というバサーをアツする好条件が揃うシーズン。

ただ、近年ハイプレッシャー化が進み、中々一筋縄では行かないフィールドが多くなってきているのが現状。そういった中で釣りの上手い人はどのうようにしてスレバスを攻略しているのか?

今回は、長野県の野尻湖や琵琶湖、山口県のリザーバーなどを得意とするO.S.Pプロスタッフの林 晃大さんに、春バス攻略で気になることについて色々伺うことができましたので、これから紹介していきたいと思います!

林 晃大(Koudai Hayashi) プロフィール

林晃大(はやしこうだい)長野県の野尻湖に拠点を置きつつ、琵琶湖や出身地の山口県のリザーバーなどで、プロガイドとして活動中。 トーナメントにも積極的に参戦・優勝、上位入賞多数。 主な戦歴は… 2015年中部信越チャンピオンシップ優勝 2015年NBC東日本決勝大会3位 2016年野尻湖チャプター最終戦優勝 2016年野尻湖チャプター年間2位 2016年NBC東日本決勝大会優勝 2016年JBマスターズ野尻湖4位 2017年野尻湖チャプター年間1位 2017年JBマスターズ野尻湖準優勝 2018年野尻湖チャプター年間5位 2018年JBマスターズ野尻湖5位 2018年チャンピオンシップ野尻湖準優勝。 また、メバリングやクロダイなどのソルトゲームの分野にも詳しく、年々、活動の幅を広げている。

 

春バス攻略で激押しワームはコレ!

春バスを狙うにあたって、欠かさず持っているワームはO.S.Pの「HPミノー3.7in」ですね。「Nogales モスキート ヘビーガード(FOR WACKY & UNDERSHOT RIG)」(#1/0)のガードを1mm残して縫刺しのI字引きで使用しています。

O.S.P公式「HPミノー3.7in」詳細ページはこちら

 

Nogales モスキート ヘビーガード(FOR WACKY & UNDERSHOT RIG)

 

シャローに差してきた魚やフィーディングで上がってきた魚はナーバスで、動かないI字で誘ってやると、どこからともなく魚が浮いてくるのでオススメです。

 

春バス攻略で激押しプラグはコレ!

プラグだとO.S.Pの「ブリッツEXDR」です。春の雨が降った後の濁りの中で使ってイイ思いをしたことが多いです。

春のリザーバーで暖かい雨が降ると、条件にもよりますが中層貫入流という現象が起こってそのタイミングで丁度良いレンジを潜ってくれます。

O.S.P公式「ブリッツEXDR」詳細ページはこちら

 

陸っぱりで1本のロッドを持っていくならコレ!

レジットデザインの「ワイルドサイドWSS70ML」です。一言になっちゃいますが、ルアーキャパが広くて何でもできるロッドでとにかくオススメです。

レジットデザイン公式「ワイルドサイドWSS70ML」詳細ページはこちら

 

今このリールがアツい!

個人的に気に入っているリールですが、ベイトリールはダイワの「ジリオンSV TW」です。剛性と精度が上がって使い心地も抜群です。

ダイワ公式「ジリオンSV TW」詳細ページはこちら

 

スピニングリールに関してはシマノ「ステラ」がオススメです。やはり最上位機種は最高です。

シマノ公式「ステラ」詳細ページはこちら

 

春爆はいつ?行けるなら絶対行ったほうが良い条件とは?

「まとまった雨量の暖かい雨」が降ればチャンスです。

春のフィールドで一気に魚を動かしてくれるのが雨だと思っていて、まとまった量の暖かい雨が降ればフィールドに行くべきです。

 

春だからこそ気を付けたいこと

日焼け止めは必須です! 春だから必要ないのでは? と思うかもしれませんが、冬の間にあまり紫外線に当たっていないと肌が紫外線に弱くなっていますので、春も紫外線対策は万全にしておかないといけません。

 

今回紹介させていただいた内容を是非! 春バス攻略の参考にしてみてくださいね。

O.S.P(オー・エス・ピー)

2000年6月設立。日本のみならず世界で活躍した並木敏成が代表として自身の経験を活かし、「10 Years Standard(10年基準)」をコンセプトにモノ作りを行う。日々生み出されるルアーは定番となり、多くのバスアングラーから熱く支持されている。