ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【いよいよ解禁スタート】流れの落ち込みを狙うことがキモ!水野浩聡が開幕したての渓流釣りを大満喫

連載:水野浩聡のOne more fish

こんにちは! 3月に突入。いよいよ開幕した今年の渓流釣り。

全国の多くの河川で解禁となり、僕も解禁の数日後に地元の岐阜県にある家から近い川へ出向き、早速今年初の渓流のルアー釣りにトライしてきました。

 

流れの落ち込みを狙うことがポイント

メインとなる川の支流で今回は釣りをすることに。

 

流域の短い川で川幅もかなり狭いので、ここはもうどちらかというと源流域となりますね。

小さな流れの落ち込みにルアーを投入し、メインターゲットとなるアマゴを狙っていきます。

解禁直後は水温が上がっていないことが多く、落ち込みなどの比較的水深のあるスポットに魚が溜まっていることがほとんど。

 

小型のシンキングミノーが活性の低いアマゴに効果的

そういった小場所に居ながらもシーズン中とは違い、まだルアーへの追いが悪かったりレンジも上ずってないので、小型のシンキングミノーがこの時期の出番となります。

そんな時に活躍するのがTIMONの「トリコロール流芯43HW」。

ジャッカル公式「トリコロール流芯 43HW」詳細ページはこちら

 

これを落ち込みにアプローチして、少し沈めてからトゥイッチしてアマゴを誘っていきます。

川幅の細い源流域ということで、そこまで大きな魚はいない感じですが、久々の渓流の雰囲気を感じるには十分なロケーション。

この辺りは僕のYouTubeチャンネル「水の旅」で既に動画もアップしておりまして、今回はGoProのみを使って釣り人目線でのアングルで撮影してきました。この素晴らしい空気感が伝わると思うので、ぜひご覧ください!

 

その動画がこちら

出典:YouTubeチャンネル「水の旅」

 

アクションに強弱をつけることでアマゴを攻略

さて! アプローチ開始後すぐに小型のアマゴがチェイス。

しかし、食わせるところまではいかず、アクションをキビキビとした鋭いトゥイッチではなく弱めにアクションをつけてマイルドに誘うと、すぐにフックアップ成功。

 

かなり可愛いサイズではありましたが、パーマークと朱点のキレイな若いアマゴが遊んでくれました。

結局この釣りで川を順に釣り上がっていって、数時間で3本のアマゴをキャッチできました。

 

「Tコネクションストリーム(TS-S56UL)」は小回りの効く扱いやすいロッド

因みに使用ロッドは、TIMONの「Tコネクションストリーム(TS-S56UL)」。

ジャッカル公式「Tコネクションストリーム(TS-S56UL)」詳細ページはこちら

 

かなり小回りの効くロッドで、キャストやアクションがしやすいモデルです。

こういう狭い源流域のような場所で活躍してくれるタイプのロッドなのでオススメです。

 

なかなか敷居が高く感じられるこの渓流釣りですが、漁協さんも放流に力を入れてくださっている場所も多く、情報などもインターネットで上がっているので、意外にも皆さんの住んでいる近くで試せる釣りの1つにもなってきていると思います。

ただ、必ず管轄漁協の入漁権を買って釣りを楽しんでくださいね!

全国の多くの川は、だいたい9月くらいまでは釣りができる場所が多いので、ここから約半年の間、僕も色んな渓流を今年は釣り歩きたいなと思ってます。

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい