ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ガンクラフトのベティに超食わせ系のNEWカラー「生喰(いけづき)シリーズ」6色が登場

ガンクラフトの超食わせ系ストレートワームとして人気のベティ。
このベティは池原ダム、七色ダムなど紀伊半島のデカバス師として知られるガンクラフト・プロスタッフの丸山雄介さんがプロデュースしたワーム。

丸山 雄介(Maruyama Yusuke) プロフィール

通称"まるちゃん”。池原ダムをホームとし、得意な釣りはサイトフィッシング。 基本はビッグバス狙いのスタイルだが、トーナメントの釣りにも精通するオールラウンダー。 主な戦歴はJBマスターズ河口湖戦3位、ウエスタン三瀬谷2位、チャプター優勝数回、長良川十耐第3戦優勝…等。 釣り上げたブラックバスの最大は、口閉じ尾開き計測70cm、6640g(Y企画公認)。

 

なだらかなグラデーションシルエットと複雑な波動を生むテール部

特長は、太さが、なだらかなグラデーションのかかったボディデザインと、複雑な水流・自発的な波動を生むテールパーツ部。

テールの形状がかなり特殊で、フラットで眺めのテールに加え、テール付け根には、リブがデザインされています。

 

またベティには、ワームバランスとバイトポイントを考え導き出されたフックセットポイントがライン表示されているので、バイトが集中するポイントに理想的なフックのセットアップが可能なワームとなっています。

 

 

さて、そんなベティに新たな動きが! というのも、何と数年ぶりとなる新色が登場するんです!

その新色なのが超食わせ系カラー「生喰(いけづき)シリーズ」!

ベティ4.9inch (ソルトイン)・3.9inch(ソルトイン)に食わせ系カラー「生喰(いけづき)シリーズ」6色が登場!

2021年4月上旬登場予定

新色として登場する「生喰(いけづき)シリーズ」は、現場特化型の究極の喰わせカラーとして開発されたモノ。フィールド問わず使える6色がラインナップ!

 

↓ちなみに今回の新色に合わせて、従来カラーの4色も生産されるとのこと

 

 

さて、それでは新色の生喰(いけづき)カラーを1つずつを見ていきましょう!

#27 ブラッドコーラシュリンプ

 

#28 砂利エビ

 

#29 グラスメロンシュリンプ

 

#30 どばミミズ

 

#31 セクシーどば

 

#32 ミゾレヌマエビ

いやぁー、間違いなさそうなカラーですね! 要チェックですよ!

 

ベティ関連動画!

GAN CRAFT Betty

出典:YouTubeチャンネル「GANCRAFTMOVIE」

 

【ガンクラフト】 ベティ4.9インチ 水中アクション映像

出典:YouTubeチャンネル「BASS LABO」

ガンクラフト「ベティ 3.9インチ」GAN CRAFT – Betty 3.9″

出典:YouTubeチャンネル「BASS LABO」