ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ペンシル×ポッパーいいとこ取り】対青物用!シマノ「コルトスナイパー ロックポップ スリム 140F AR-C」にアピール強めの新色登場

暖かくなってくると、気になる青物の動向。2020年が当たり年と言われただけに、2021年はどうなのか…。

2018年の登場以来、堤防から磯から狙うショア青物ゲームのパイロット的ルアーとして数々の実績「コルトスナイパー ロックポップ スリム 140F AR-C」に、新色が登場。

 

コルトスナイパー ロックポップ スリム 140F AR-C

2021年5月新色登場予定

シマノ フィールドテスターにして、青物・ヒラスズキなど磯のスペシャリスト赤木 光広さんが開発に携わっていることでも、話題となった「コルトスナイパー ロックポップ スリム 140F AR-C」。

シマノ公式「コルトスナイパー ロックポップ スリム 140F AR-C」詳細ページはこちら

 

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

AR-Cシステム搭載によるその飛距離、貫通ワイヤー採用などが特長的な対青物用ポッパーで、そのベイトライクな細長いシルエットが「ペンシルベイトとポッパーのいいとこ取り」とも評されるルアー。2021年、その用途がさらに広がるアピールが”強”いカラーが2色登場。

 

“強”鱗ホログラムを採用した新色2色

 

狂鱗ホログラムの鱗の大きさを強調、より強い乱反射によりアピール力を高めたホログラム。

南風が入ったラフな海況や、広くサラシなどが出ている状況、はたまた濁り潮やマズメ時など、しっかり目のアピールが欲しい時に良さそう。

個人的に、もう既に使い込んでいる方が多いルアーだけに”強”鱗ホログラムの真価が問われるのではないかと。 否が応でも期待度は高まります!

 

全カラー&スペック

品番 カラー サイズ(mm) 自重(g) タイプ 本体価格(円)
OP-114R 001 キョウリンイワシ 140 45 フローティング 2,200
OP-114R 011キョウリンマヅメ 140 45 フローティング 2,200
OP-114R 012 キョウリンコノシロ 140 45 フローティング 2,200
OP-114R 013 キョウリングロー 140 45 フローティング 2,200
OP-114R 014 キョウリンBP 140 45 フローティング 2,200
OP-114R 015 キョウリンパプル 140 45 フローティング 2,200
OP-114R 016 キョウリンカタクチ 140 45 フローティング 2,200
OP-114R 017 キョウリンピンク 140 45 フローティング 2,200
【追加】
OP-114R
018 キョウリンコノシロG 140 45 フローティング 2,200
【追加】
OP-114R
019 キョウリンフラッシュ 140 45 フローティング 2,200

■フックサイズ #1/0×2

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。