ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【津本式で締めるだけで魚のアジが激的に変わる】家邊克己が現在開発中の津本光弘プロデュース「釣り人専用絞め切りナイフ」を紹介

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」

以前少しお話しさせていただいた、津本光弘さん監修の釣り人用絞め切りナイフが大分形になってきました。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

津本 光弘(Mitsuhiro Tsumoto) プロフィール

宮崎県の水産卸会社で「長谷川水産」スタッフとして働く中で「津本式」と呼ばれる「究極の血抜き」方法を独自に編み出した人物。 津本式で処理した魚は長期熟成が可能となり旨味がグンとUP! このことが口コミで広がると同時に、自身のYouTubeチャンネルで「津本式 究極の血抜き」を披露し全国的にブレイク! 現在、津本式は全国各地の釣り人、魚屋、料理店、仕入れ業者など魚にまつわるあらゆる人物から注目され、高い評価を受けている

 

これまではアジを締め方にこだわりが無かった

これは僕がどうしても早く欲しかった物なので、大急ぎでプロトを作りあげました。

血抜きというのは、アジに本当に必要なのかと長い間思っていて、潮氷で締める「氷絞め」だけで十分なのでは? と考えていました。

 

というのも、アジを昔から良く食べていましたが毎日アジの顔を見ていると、食べたいとあまり思わなくなってしまい、釣れたアジは社員の人達にも分けて食べてもらっていました。僕が実際に食べるのは年間で多分3匹くらいだったと思います。

 

アジフライを醤油で食べてからアジの見方が変わった

ところが、アジフライの美味しさを色々な方から教えてもらい、特に醤油で食べることを教えてもらってからアジフライの見方が変わりました。

アジフライにはソースとタルタル! という風に前までは決めつけていましたが、どうしても味が濃厚なので、アジ本来の味が良く分かっておらず、どんなアジを食べても食感の違いだけで他はソースの味みたいな感じになっていました。

しかし、醤油で食べるようになってからは良く分かるようになってきました。

そしてアジの味に興味を持ち出したわけです。

 

アジの血抜きに疑問を抱く

丁度そのタイミングでルアマガのフカポンから津本さんという魚を仕立てる凄い人が宮崎にいると聞いて、一度編集した本が出来上がるから送ると言われました。

この時点で”魚を仕立てる”? なんのこっちゃという感じでしたが、ありがとうございますと電話を切りました。

それから数日後、本が届いたので読んでみると、「なんじゃこりゃ!」。

まるで訳のわからん事が書いてあり、モチロン読めば理解はできますが内容よりも血を抜くということの意味がよく分かりませんでした。

昔からアジの味については色々言われていて、ある漁師はアジの血が美味しいから血抜きはしない方がいいと言い、昔アジングを始めた頃に愛媛で釣りをしていたら隣で釣って居たオバチャンにアジをクーラーに入れていたら「あんた何しようね?」と言われ「美味しいアジやから持って帰って食べるんです」と答えたら「そんなゼンゴ明日食えるん?」と言われ僕は「???????」の状態。

 

僕は自分が食べるために美味しいアジの釣れる場所を知り、ワザワザそこまで行って釣っているのに「食えるん?」と言われたら唖然とするしかなく、ボーとオバチャンの顔を見ていると「ゼンゴはその日に食べんとダメやろ!」と追い討ちをかけられました。

オバチャンたちはその日の晩御飯の菜としてのアジで、翌日食べるというものではないらしいということがその後の会話で分かり、再びビックリしました。

昔の愛媛県南部はアジは海の虫と言われるぐらい沢山いたので、オバチャンたちにしてみれば10分サビキを振れば10匹アジが釣れていたので、アジとはそういうサカナという認識のようでした。

そういうイメージをつい最近まで持っていたので、血抜きをして本当にアジが美味くのなるのか、他の白身魚の場合だと2、3日寝かせた方が美味しいというのは知っていましたが、アジに関してはオバチャンの話からも鮮度が命と思い込んでいたので、1週間寝かせる!? なんのこっちゃだったんです(笑)。

 

津本式を実際に試してみることに

僕は基本自分が疑問に思ったことは、「とりあえずしてみる」ことがモットーなので早速本を熟読して、道具をホームセンターに行って買い漁って準備をしました。

 

その日の晩にアジを釣りに行って持って帰ってきたアジに、なんちゃって津本式をやってみました。

勿論素手ではアジを触れないので、ビニールのゴツい手袋をしながらです。

フカポンは簡単ですよと言いますが、それはアジを普通に触れる人だからで、普通に触れない人にとっては滅茶苦茶大変。なんちゃって津本式で14、5匹のアジをやり終えるまでに3時間もかかってしまいました(^_^;)。

それでも何とかやり終えて本に書いてあったようにクーラーに張った氷水の中にビニールに入れたアジを漬け込み、怪しいやり方なので1週間は怖かったので3日ほど経ってから本当に美味しくなるのか自分1人だけでは怪しいので、それほどアジが好きでない人に滅茶苦茶勿体つけて食べてもらいました。

何せなんちゃって津本式です(笑)。自分で食べるのもかなり勇気が必要で、特に生は怖かったので火を通すアジフライにしようとアジフライにしてみました。

 

もうその頃は醤油という武器を持っていたので、早速醤油で食べることに。自分で言うのも何ですが、食べてみると実に美味い!

全く臭みもなくてフワフワに膨らみ、こんなアジフライは今まで食べた記憶がありませんでした。一気に3枚も食べてしまって、もうお腹パンパン(笑)。

なんて言ったら良いのかなぁ、本当に歯で噛むと歯がすっと入っていく感じで無抵抗でアジがホロとして口の中で消えていく感じなのです。これは食レポではないのですが、本当にそんな印象!

当然それほどアジが好きでない人も絶賛してくれました。それに衝撃を受け、翌日には包丁を買いに走りながら砥石を買ってアジを立てかける道具まで自作し始めました(笑)。

一度ハマるとどうしようもない性格なので、全ての道具が揃ってから給水紙までどれが良いのかをテストし出す始末(笑)。

もう、何のメーカーが良いのか? というレベルまで達していました。

 

釣り人用絞め切りナイフの開発を始めたキッカケ

そうやって見様見真似でやっていた津本式ですが、現場で絞める際に脳じめとエラ膜(腎臓)切りをする際のナイフが欲しくなっていたところ、サビナイフをもらったのでそれで絞めていたのですが、正月に津本さんご本人と会った際に色々と話をしている内にピンと来るモノがありました。

釣りをしながら携帯でき、HMグリップで挟んだまま締められる小さなナイフがあればメッチャ便利ではないか。

最初のイメージは医療用のメスのような感じで刺す切るが一本で簡単にできるものと想像し、早速津本さんにラインを送ったら、津本さんも同じことを考えていたようで一気に話が進んで作ることになりました。

 

実際に津本光弘さんが「釣り人専用絞め切りナイフ」について解説しているショートムービーがこちら!

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

人の縁とは不思議なもので、今までの繋がりから津本さんにお会いでき、一緒に物作りができる。しかもこの方は僕と同じような匂いがして何か通じるものがある。今回のナイフだけでなく、これからも色々関わっていく人かも知れないと思う今日この頃です。

 

WEB連載 家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい