ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2021年4月上旬登場予定のGary YAMAMOTO ヤマタヌキ! 小森嗣彦のオススメリグは?

ゲーリーヤマモトの注目の新作ワーム情報をお届け!

Gary YAMAMOTO ヤマタヌキ

2021年4月上旬登場

2021年4月登場予定の新作ゲーリーワーム! その名も、YAMATANUKI(ヤマタヌキ)!

プリっとしたボディに、これまたプリっとしたテールがついていて、その姿は、まるでタヌキのよう!ってところから、「ヤマタヌキ」とネーミングされたワーム!

 

斜め上から

 

真上から

真横から

 

ちなみに、このヤマタヌキについて、あの小森嗣彦さんのインプレッション動画もアップされていますので、ぜひチェック!

小森嗣彦のkomoriboard21 ゲーリーヤマモト「ヤマタヌキ」ファーストインプレッション

出典:YouTubeチャンネル「小森嗣彦のコモチャンネル」

小森 嗣彦(Tsuguhiko Komori ) プロフィール

JBのトーナメンターとして、同協会の最高峰TOP50プロシリーズを戦うトーナメントプロ。年間チャンピオン3回(最多)TOP50優勝6回(最多)2008年にはJBスーパーバスクラシックを制覇、2012、2018にはBasserAllstarClassicを制している。シーズンの合間には琵琶湖、桧原湖、北浦、亀山ダムでガイドも行っている。論理的考え方でバスフィッシングとトーナメントを攻略する。1974年生まれ兵庫県神戸市出身、千葉県在住。

ちなみに、小森さん的にヤマタヌキについては、「誘えるイモグラブ的」印象が強いよう。イモグラブ(4インチグラブのテールカット )って、遠投できて食わせ力はあるんだけど、誘い的には、ズル引きなどがメインで、それほど誘いのバリエーションがないなぁ~と感じていたそう。なので、ラバーチューンしたり、違うワームをひっつけたりと色んなことを試していたそうな!

だけど、このヤマタヌキだと、遠投が効いてさらにアクション性能のいいテールがあるので、遠投した先で色んな誘いのができるのが◎! とのこと。

 

なおオススメリグとしては…オカッパリではノーシンカー、ネコリグ、スプリット! ボートではテキサスなどを挙げてくれていました!

 

ヤマタヌキの長さは約2.5inch(=65mm)、重さは約5g
スピニングだけでなくベイトでも扱えるワーム

ヤマタヌキは、サイズ的には約2.5inch、重さは5.3gほど。

ゲーリー4インチグラブは4インチサイズで重量が3.4gであることをわかると、ヤマタヌキが小さいけど、けっこうな自重があることが分かると思います。

5gほどあるので、スピニングだけでなく、ベイトフィネス系タックルでも扱えます!

 

ヤマタヌキのカラーバリエーションは全12色

さて、ヤマタヌキの気になるカラーバリエーションですが…
ウォーターメロン系、グリパン系、ブルーギル系、スカッパノン系など、超定番系から…
エビミソ系、バブルガムピンクなど、ある意味、特化系まで揃った12色をラインナップ!

1つ1つ見ていきましょう!

 

ブラックソリッド

 

ウォーターメロンソリッド

 

チャート/チャート&ライムフレーク

 

ウォーターメロン/ブラックフレーク

 

パンプキン/グリーン&ブラックフレーク

 

バブルガムピンク

 

グリパン/ブラックフレーク

 

ダークブラウンブルーギル

 

ウォーターメロンブルーギル

 

スカッパノン/ブルーフレーク

 

エビミソ

 

グリパン/パープルフレーク/チャート/パープルフレーク

以上、ゲーリーの注目の新作ワーム!「ゲーリー・ヤマタヌキ」の情報をお伝えしました!

いやぁー、まずはオカッパリで遠投して使ってみたいです!

ゲーリーインターナショナル (Gary International)

トップアングラーとして知られる河辺裕和が代表をつとめる米国・アリゾナ州に本社を置くゲーリーヤマモトカスタムベイツの日本支社。ゲーリーグラブやカットテールワーム、ヤマセンコーなど超ロングラン人気を誇るGaryYAMAMOTOワームなどを中心に扱っているほか、YABIA BRANDなどで独自のアイテムも人気を集めている。