ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

菊元俊文の渾身ロッドシリーズ「オライオン」に2021年春、新たに注目の3機種が登場

新製品総力特集2021

昨年2020年、エバーグリーンの注目NEWバスロッドシリーズとして衝撃デビューを飾ったのが「コンバットスティック・オライオン」!

コンバットスティック・オライオンは30数年という長い期間にわたってエバーグリーンでロッド開発に携わってきた菊元俊文さんいわく、「間違いなく菊元史上・最高傑作のロッド」といわしめる新作ロッドシリーズ。

 

とにかく、あらゆる面で最高のモノを! という中で、現在考えられる、最高の素材、最高のテクノロジー、そしてブラックを基調としたデザインで深みのある風合いにこだわるなど、カッコよさも極限まで追求されたロッドで、軽く、超感度!そして強さと粘りを実現したというのがオライオン

オライオンの全体像については、以前に開発者の菊元俊文さんご本人にガッツリと解説していただいた動画があるので、まずはそちらから、ぜひチェック!

【オライオン】菊元俊文が「コンバットスティック・ORION」を生解説

出典:YouTube LureNews.TVチャンネル

オライオンのファーストリリースとして、2020年秋に、ジグテキなどを中心とした打撃系の4機種が登場しました!

エバーグリーン公式 先行デビュー打撃系4機種の開発コンセプト

モデル 発売日 全長 継数 標準自重 パワー ルアー範囲 ライン範囲 価格
OCSC-71H+ ブラックローズ 2020年9月 2.15m 1 123g ヘヴィ プラス 7~84g(1/4~3oz) 12~30lb 71,000円(税別)
OCSC-69H スターゲイザー 2020年9月 2.06m 1 115g ヘヴィ 7~56g(1/4~2oz) 10~30lb 67,000円(税別)
OCSC-67ML デジェル 2020年10月 2.01m 1 104g ミディアムライト 3.5~21g(1/8~3/4oz) 6~16lb 63,000円(税別)
OCSC-69MH ムーンゲイザー 2020年10月 2.06m 1 108g ミディアムヘヴィ 5~42g(3/16~1・1/2oz) 10~25lb 66,000円(税別)

 

さてそんなオライオンですが、2021年春には注目の追加モデル3本が登場します!

オライオンに新機種3本が追加!
2021年年3月~5月登場予定

第六感を呼び覚ます。菊元俊文最高傑作・オライオンに2021年春、新たに3本が追加ラインナップされます!
その3本がどんなモノかというと…

 

■OCSC-67M カンタータ
2021年3月登場予定

感動的なキャスト性能。巻きを極めながらも撃ちにも秀でたミディアムアクションの最高峰。

全長 継数 標準自重 パワー ルアー範囲 ライン範囲 価格
2.01m 1 113g ミディアム 5~42g(3/16~1・1/2oz) 8~20lb 65,000円(税別)


出典:エバーグリーン公式オライオン・カンタータ詳細ページ

 

 

オライオン・カンタータを菊元俊文が生解説

出典:YouTubeチャンネル「フィッシングショーOSAKA」

 

 

■OCSC-711XX スローン
2021年4月登場予定

日本屈指のデカバスハンター島田一也の熱いリクエストに応えて開発したジャイアントベイト専用機。ジャイアントベイト、特にバラム300に特化。レイクレコード、あるいは日本記録、果てはワールドレコードの王座を獲得するための対モンスタースペシャル。

 

■OCSC-67ML+ ライトニングストライク
2021年5月登場予定

カバーを制するパワー系ベイトフィネス。コンパクトジグや軽量リーダーレスダウンショットでカバーの奥に潜むタフバスを獲る。

品番 サブネーム 全長 継数 標準自重 パワー
OCSC-67ML+ ライトニングストライク 2.01m 1 109g ミディアムライト プラス

エバーグリーン公式  オライオン詳細ページはこちら

 

以上、オライオンの2021年登場NEWモデル3本の情報をお届けしました!

巻き撃ちで使えるMパワーベイト「カンタータ」、ジャイアントベイト用「スローン」、ベイトフィネス対応の「ライトニングストライク」と、どれも気になる3本です!

 

エバーグリーンの2021年新作情報については、「フィッシングショーOSAKA 2021 Web & TV」でも公開中