ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【全PEラインユーザー必見】5年の歳月を掛けてリニューアルしたサンライン「パワーアップラインコート スピードドライ」

新製品総力特集2021

使ってますか? ラインコーティング剤。

フッ素のモノやシリコンのものなど、各社からいろんなアイテムがリリースされていますが、一般的にはPEラインなどのラインに噴霧すると表面がコーティングされて滑らかに。

結果、トラブルが少なくなったり、リール離れやガイド抜けが良くなって飛距離の向上や、ノットを締め込む時にキレイに締まったりなど、そのメリットは多々。

さて、こんなアイテムが「サンライン」から登場するみたいです。

 

パワーアップラインコート スピードドライ

2021年3月登場予定

品番 容量 希望小売価格
SO-55 50ml 1,000円 携帯用
SO-65 150ml 1,500円 お得用

 

5年の歳月を掛けフルリニューアル

あれ、サンラインのパワーアップコートってあったような…。そうなんです、実は元々あった「パワーアップラインコート」が5年の歳月を掛けてフルリニューアル!

環境負荷軽減の目的でフッ素を使わない「シリコーンタイプ」のラインコーティング剤へとアップデート。

 

環境に優しい

大きく変わった点として、まず挙げられるのが環境に優しくなっていること。

新しくなったパワーアップラインコートはフッ素を使用せず環境に優しいという。それでいて厳選したシリコーンを使用することで、撥水効果、スベリ性も十分に発揮。

 

 

ムラなくコーティングできる

そして、旧モデルよりも高い浸透性を目指したことで、シュッと吹きかければ内部までくまなく浸透。より均一にコーティングできるように。

 

スグに揮発するアルコール溶剤を使用しているので、吹きかけて10分~15分ほどで乾燥するのもポイント。50mlの携帯用をボックスやバッグに入れておけば、ラインの滑りが気になった場合など、移動中にサッと吹きかければ次のポイントでまたスグに使えるという。

ちなみに、かなり滑りが良くなるのでスッポ抜けに注意が必要なんだとか。ノットを組んだら端糸をライターで炙るなど、端止めは必須みたいです。

PEラインを使うとトラブルが多い。 もっと遠くまで飛ばしたい。

そんな方は試してみる価値あるかも。

 

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!