ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジグ単専用/超ショートレングス】コレも1万円台前半!オリムピックのアジングロッド「20コルトUX」から早くも新機種が登場

新製品総力特集2021

2020年、コスパ&高性能に優れたアジングロッドとして話題を集めたオリムピックの「20コルトUX」。

オリムピック公式「20コルトUX」詳細ページはこちら

 

 

最先端ロッドを最高のコストパフォーマンスで! をコンセプトに開発。

軽量&高感度でフラッグシップモデルにも引けをとらない実釣力を誇りながら、全機種1万円台で手に入れることが可能。

ブランクスには、軽量化をはかりつつ剛性にも優れるオリムピック独自の4軸カーボン、「グラファイトクロスLV」を搭載。

ガイドシステムに関しては「SIC-Sガイド」と、ガイドフレームに「ステンレスフレームKガイド」を採用。

1万円台とは思えないスペックが、ビギナーの方はモチロン上級者の方からも絶大な支持を集めることになりました。

【このスペックで1万円代前半?】高感度&軽量でコスパ良すぎ!オリムピックのアジングロッド「20コルトUX」を試してみては?

 

さて! 2021年、そんな「20コルトUX」から早くも新機種が登場予定。

 

「20コルトUX」から2つの新機種がデビュー!

2021年秋登場予定

新たに登場する新機種は「21GCORUS-482UL-HS」と「21GCORUS-542UL-S 」。

既存モデルはジグ単を得意としつつ、オールマイティーにキャロやフロートといった様々なリグに対応。

しかし、今回の2機種に関しては、より尖らせたジグ単専用モデル! この価格帯でここまでマニアックなショートロッドは中々目にしませんよね!

漁港をはじめとした小規模エリアの釣りにピッタリすぎる長さに設定。

常夜灯下やピンスポットなどを繊細にアプローチしたい方や、単純にショートロッドが大好きという方にオススメ。

一見短いのでフィネスに特化しているようにも見えますが、繊細なアプローチを実現しつつ、バッドがシッカリしているので、尺クラスでも充分寄せてこれるとのこと!

短いけど弱すぎない。シッカリ投げて動かしてアジを寄せることができる機種となっています。

 

21GCORUS-482UL-HS

シリーズで最もショートでフィネス。繊細なアプローチもこなしつつ、パワーも秘めているので大きめのアジにもシッカリ対応。

Length
(m)
Power Action Weight
(g)
Close
(cm)
Top Dia
(mm)
Lure
(g)
Line Price
(JP\)
1.42 UL F (74.7) (0.6) 0-1.8 MAX2lb 13200

 

21GCORUS-542UL-S

ヌーボコルトプロトタイプ」にラインナップしていた機種の復刻モデル。

ショートロッド好きのコアなアングラーから人気があったため、UXシリーズの製法に当てはめられて開発。

UXシリーズ独特の若干しっとりしたブランクスに合わすため、ソリッドも柔らかめに設定。こちらも興味深いモデルですね!

Length
(m)
Power Action Weight
(g)
Close
(cm)
Top Dia
(mm)
Lure
(g)
Line Price
(JP\)
1.62 UL RF (84.7) (0.6) 0.3-3 MAX2lb 13310

 

更に機種の選択肢が増えた「20コルトUX」。港内や近距離攻めで早く使ってみたいですよね!

オリムピック(OLYMPIC)

ブランクス性能と品質に徹底的にこだわった老舗「ロッド」メーカー。和歌山県すさみ町に4000坪という広大な工場を有し、あらゆるジャンルのロッドを生産、販売している。