ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ステラと同等レベルの使用感?!】シーバス専用リールのハイエンドモデル。フルリニューアルを遂げたシマノ「21エクスセンス」

新製品総力特集2021

自重が軽くなって、さらに巻心地も軽くなった。その上、強い。

2021年、鳴り物入りでフルリニューアルを遂げたシマノのシーバス専用リール「21エクスセンス」。

マイクロモジュールギアⅡ、サイレントドライブ、ロングストロークスプールという最新の技術を搭載し「次世代シーバス用ハイエンドモデル」とも評されるリールについて、そろそろバチパターンも気になるこのタイミングに改めてチェック。

 

21エクスセンス

2021年4月登場予定

シマノ公式「エクスセンス」詳細ページはこちら

品番 ギア比
  • 実用ドラグ力
  • 最大ドラグ力
    (kg)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/ストロークmm)
  • ナイロン糸巻量(lb-m)
  • フロロ糸巻量(lb-m)
  • PE糸巻量(号-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格
(円)
C3000M 5.3
  • 3.5
  • 9.0
180 47/17 8-130、10-110、12-85/8-110、10-90、12-80/0.8-300、1-220、1.2-150 78 50 11/1 60,000
C3000M
HG
6.0
  • 3.5
  • 9.0
180 47/17 8-130、10-110、12-85/8-110、10-90、12-80/0.8-300、1-220、1.2-150 89 55 11/1 60,000
3000M
HG
5.8
  • 3.5
  • 9.0
195 47/17 8-130、10-110、12-85/8-110、10-90、12-80/0.8-300、1-220、1.2-150 86 55 11/1 61,000
4000M
XG
6.2
  • 6.0
  • 11.0
220 52/19 10-160、12-120、16-90/12-110、16-90、20-65/1.2-250、1.5-200、2-150 101 55 11/1 62,000

※XG=エキストラハイギア仕様、HG=ハイギア仕様、M=ミディアムディープスプール仕様、C=コンパクトボディの意味です。
※ストッパーの切替機構はありません。

 

シーバスゲームに求められる性能が全部入り

港湾、河川、磯、サーフ、干潟など、ルアーフィッシングの中でもとりわけ様々なシチュエーションが存在するシーバスゲーム。

リールに求められるのは「ただ強い」「ただ軽い」といった単純なモノではなく、あらゆるシーンを想定する必要性があるという。

今回のリニューアルでは、マイクロモジュールギアⅡ、サイレントドライブ、ロングストロークスプールというシマノが誇る最新技術が搭載され、軽さ、強さ、巻心地の良さ、飛距離などがアップデート。結果、感度の良さや操作性の向上に貢献しているという。

 

詳細はこちらもチェック

【EXSENCE(エクスセンス)】前モデルからマイナス20g。シマノのシーバス専用機ハイエンドモデルが待望のフルリニューアル

 

百聞は一見にしかず。

実際に手にしてみると、その軽さや巻き心地は実感できそうなものの、そうもいかないのが最近の事情。そこで、シーバスのエキスパートでもあるこの人は実際に使ってみてどう感じているのか…インプレに注目。

シーバスゲームのエキスパート嶋田 仁正氏によるインプレ

 

マグナムライトローターの回転の軽さによる恩恵が素晴らしい

シーバスゲームにおいて水の流れの重さを推し量るには、ハンドルに伝わる回転の重さを感じることが重要。

嶋田さんいわく、その上でローター自体とその回転が軽ければ軽いほど情報量は増えるんだそう。この21エクスセンスはサイレントドライブ、マイクロモジュールⅡの搭載も相まって、巻き感度が向上。巻く釣りが多いシーバスゲームで手感度はとても大事。こうした部分により力を入れたということは、いままで以上にシーバスに特化したリールになったと言えるとのこと。

 

ステラを超えた、もしくは同等と言っても過言ではない

軽さと感度重視だけでなく、HAGANEボディで強度も担保されているので安心なんだそう。

また「個人的には、飛距離アップに貢献するロングストロークドライブの採用が嬉しい。ラピッドファイヤドラグもついているし、ステラを超えたって言ったら言い過ぎかも知れませんが、同等レベルと思えますよ。僕にとって21エクスセンスは、現在の技術での最高のシーバス専用機、シーバスリールの完成形という印象です」とのこと。

 

…ますます触ってみたくなったのは記者だけでしょうか。

シーバス専用機ではありますが、ここまでのスペックなら琵琶湖などを中心としたデカバスゲーム、ネイティブトラウトの本流ゲーム、フラットゲーム、ライトショアジギング・プラッギングなど、幅広く使えてしまいそうな気も。

登場は2021年4月予定。楽しみです。

 

関連動画をチェック

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。