ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今江克隆&村上晴彦トークライブの内容が核心をつきマクりっ!【ビッグベイト使用時にチェイスからバイトへの発展法とは? なぜ初心者や女性はよく釣るのか?】

2月7日、フィッシングショーOSAKA2021 Web&TVの企画として、7時間ブツ通しでのYouTub配信が行われました!

記者も、もちろん長いこと見てたんですが、この配信の中で、オオって思いつつ見ていたのが、今江克隆さんと村上晴彦さんのトークライブでした!

まだ見てない人は動画がアーカイブされているのでぜひチェック!

5:23:30~(下の動画を押してもらうと、そのトーク部がスタート)

出典:YouTubeチャンネル「フィッシングショーOSAKA」

 

さて、このトークショーの中身がけっこうスゴいというか、自分の釣りで試してみたいなぁーと思ったことが目白押しでした。

具体的に挙げてみると…

今江さんが話していたビッグベイトの話。チェイスしてきているバスがなかなかバイトまで発展しない時にどうする? っていう話なんですが、答えとしては、1つがバスが見切ろうと顔を半分傾けた瞬間にルアーを動かすというもの。

これはある程度、ビッグベイターの方なら誰もが実践してることかと思うんだけど、もう1つの答えが面白かったんです! それは三原直之さんが実践していることとして、今江さんが紹介していたんですが、バスが寸前まできたトコロで、ラインテンションを完全に抜くというテク。これでバイトへと発展するケースが多いというわけなんです。 そういえば、その作戦はしてなかったなあーと思って、ちょっとやってみたいくなりました。

あと、その関連の話でもう1つ。女の子とか初心者はナゼよく釣れるのか? という話で、2人の答えが目がウロコでした!

釣れる理由は、とにかくラインのテンションが抜けている! ラインがダルダルになっているから!というモノでした。ラインを張って動かしている状態と、ラインテンションが抜けている状態では、やっぱりバスが感じる違和感ってソートー違うっていうお話でした。

確かにそういうラインテンションについてはみんなチョコっと頭に入れている人は多いと思うけど、徹底してそれを実践している人は意外と少ないかもしれませんね。

なので、記者も今年はもう少しその辺りを意識して釣りをしてみようかなぁと思いました! ボトムのサカナををサイトで攻める場合など、ラインをボトムにべったりつけてみるとか…

 

というわけで、今回のトークショーは色々とインスパイアされることが多かったです!

みなさんもぜひチェックしてみてくださいね!