ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2021初バスキャッチからホゲリ倒しの日々…しかし!真冬のスイムベイティングが炸裂!

連載:伊豫部健「IYOKEN-BOMB(イヨケンボム)」

皆さん、こんにちは!

今週はまさに釣り三昧と言う言葉がぴったりな週で、1週間ずっと釣りに行ってました(笑)。

まっ、時間に余裕がある自由な社長業を武器に、知多野池、入鹿池、三重野池、五三川、ヨット池、琵琶湖、倉敷川、伊庭内湖と全てノーフィッシュと言う散々たる結果で終わりましたが…。

今年2021年の初釣りを入鹿池でやって、初バスをイルカモンスターで始まってからと言うものの、全く釣れない状況に陥っていました。

こちらは、デカロッター丸呑みの57cmの入鹿池モンスター!10FTUスタッフのあっくんと竹ボーがトライした先の真冬のドラマ魚。1日やって1バイトの世界ですが、こんなん来たらたまりません‼️

ただ、知多野池では減水した池で昔からの定番のバイブレーションパターンに、ラトリンサバイブ53を使った釣りで50cmクラスを掛けるも、手前まで寄せてバラすとか、入鹿池は岩盤に日光浴感覚で浮いて来たバスを、サイトで食わせすっぽ抜けでグッバイとか…。

ノーフィッシュはノーフィッシュでもかなり惜しいとこまで来てるから、より悔しくて、釣り魂に火がついて、こんなことになってます(笑)。

そして、三重県伊賀市のクルーズさんでストアイベントを行う際も、朝から近くの野池に連れてってもらい、店長の関口さんにワイドルであっさりバスを釣られて、僕は釣れないまま、ストアイベントも遅刻して…と、負のスパイラルです(汗)。

そんなこんなで、釣り欲にかられる週になっていました。

で、琵琶湖へGO!

発売したばかりのフィンズピーをアラバマリグに組み、鼻息荒く10FTUフィールドスタッフのうたっちゃんと、ブンブン大津店のカリスマ店長のしかちゃんと向かうも、浅いバイトとチェイスで終了。しかちゃんが唯一、フィンズピーでナイスフィッシュをキャッチしました!

喉から手が出るほど、こんなにバスを釣りたい!と思えたことは久しぶりでした。しかし、ホゲり倒した(笑)。

 

琵琶湖の翌日は爆風、大寒波により、湖上に出られる状態じゃなかったため、伊庭内湖へオカッパリへ。

しかし、いろんな釣りを展開するも、夕方までノーバイト。

辺りは暗くなり始めたまさにマズメな瞬間に時合が訪れて、HBデッドスロールをデッドスローで狙いました。

カルカッタコンクエスト200の4.8ギア比だからこそ可能なデッドスローな世界観をイメージした瞬間にバイト!

…が、フックアップに失敗して、あえなくノーフィッシュ…。

しかし、このバイトでゾーンが見えて、翌日の仕事を全てキャンセルし、居残り伊庭内湖チャレンジで頑張ることに。

そして、ついに長いトンネルからやっと脱出した、最高のコンディションのバスをHBバブゥtype2でキャッチ!

HBバブゥアンタレスDCで攻略。デッドスローでバイトに持ち込めた!

釣りは、やっぱりとことん突き詰めなきゃ見えない、素晴らしい世界があります。

真冬のスイムベイティングはかなりエキサイティングなゲームなので、、皆さんもぜひ頑張って投げ倒してみてくださいね!

ではまた!