ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

琵琶湖バス釣りルアーの使い方2-ハードベイト編【琵琶湖-夏秋対応=解説=黒須和義、前田純、国保誠、杉村和哉】

解説=国保 誠 Makoto Kokubo

_MG_7486-国保誠

巻く、撃つ、落とす、ハードベイトスタイルとジグ&TXスタイルをこよなく愛する元祖・イケメンデカバスプロガイド。多くのルアーやロッドなどの開発&製作にも精通する奥の深いオトコ

●琵琶湖ガイド情報●
国保誠ガイドサービス=ガイド受付☎077-585-8616(レークマリーナ)
出船マリーナ:レークマリーナ(守山市木浜町1641)
ガイドエリア:南湖メイン
ホームページ:http://www.makoto-kokubo.com/
ブログ:http://ameblo.jp/makoto-kokubo/
使用ボート…トライトンTR20XHP
遊漁船登録番号:滋賀第18号
_MG_6943

釣行に役立つオススメ情報サイト=「ウェザーニュース」、「琵琶湖河川事務所
琵琶湖オススメランチどころ=ヤマハマリーナ。ランチが充実していてよく利用します。

 


パターン解説

2ジャーク1ポーズが基本! シブい時は高速リトリーブ&ストップをおりまぜよう

アユをフィーディングするバスを効率的に釣るのにオススメなのがハードコアミノーフラット110Fで狙ったパターン。

ハードコアミノーフラット110F【デュエル】

一番の劇的にハマるタイミングは秋口から秋本番に向けて、バスがアユをフィーディングする時期!

使い方としては2ジャーク1ポーズで食わせるパターンが基本となるのですが、クリアな水質でしかもフィッシュイーターとなっているバスは見切ることが多くなります。チェイスがあるけど食わないような時には高速リトリーブ&ストップをおりまぜて反応を見ながら釣っていくとよいでしょう。

 

シチュエーション解説

北湖ならアユが接岸するタイミング! 南湖ならアユが流入するタイミング!

エリアは北湖なら湖東や湖北のショアラインの1-3mライン。そして湖西ではフラットエリアが広い近江高島周辺がメイン

一方、南湖においてはアユが流入するタイミングで縦系ウイードのエビモなどが広がるストレッチが◎。

ちなみに比較的短い時間にベイトが回ってくるエリアではベイトが回ってくるのを待ちながら釣っていくとよいのですが、ベイトがいなくなったエリアでは沈黙してしまうので、新たにベイトフィッシュが入っているエリアを探し回ると新たなエリアを発見することができるでしょう。

 

ベストマッチルアーはコレ!
ハード コアミノーフラット110F【デュエル】


出典:デュエル公式ハードコアミノーフラット110F

ハードコアミノーフラット110Fはジャーキングでは移動距離を抑えたジャークアクションができ、高速リトリーブでは明滅効果が高いフラットボディーをロールさせることで高いアピール力があることから、どちらのアクションにも対応してくれるのです

 

 

国保誠のハードベイトタックル

■使用タックル…ロッド… X-GALIVEプロトロッド(ピュア・フィッシング)+ レボ  エリート8(ピュア・フィッシング)+ハードコアクイックショットFC14Lb(デュエル)

 

3 / 4
前へ 次へ