ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【21アルテグラ】実売価格1万円台!シマノの人気スピニングリールがマイクロモジュールギアⅡほか最新技術搭載で劇的に進化

新製品総力特集2021

シマノ「アルテグラ」。

スタンダードで癖がなく、価格が1万円台とコスパが良いため入門機としても人気、もはや説明不要の定番スピニングリール。そして記者が小学生のとき、お年玉で初めて自分で買ったリールでもあります。

そんなアルテグラが2021年にフルリニューアル。「ほんとにいいの?」クラスのハイコスパに大注目。

 

21アルテグラ

2500、2500SHG、C3000、C3000HG、C3000XGは2021年3月登場予定、1000、C2000S、C2000SHG、4000、4000XG、C5000XGは4月登場予定

 

 

 

シマノ公式「21アルテグラ」詳細ページはこちら

 

実売価格は1万円台

実際、いくら程なのか。まずはスペック表をチェック。

品番 ギア比
  • 実用ドラグ力
  • 最大ドラグ力
    (kg)
自重
(g)
スプール寸法
(径mm/ストロークmm)
  • ナイロン糸巻量(lb-m)
  • フロロ糸巻量(lb-m)
  • PE糸巻量(号-m)
最大巻上長
(cm/ハンドル1回転)
ハンドル長
(mm)
ベアリング数
BB/ローラー
本体価格
(円)
1000 5.1 2.0/3.0 180 40/13.5 1.5-130、2-100、2.5-85/1.5-120、2-85、2.5-70/0.8-240、1-190 64 40 5/1 16,300
C2000S 5.1 2.0/3.0 185 43/13.5 3-125、4-100、5-75/3-110、4-85、5-65/0.6-150、0.8-110、1-80 69 40 5/1 16,300
C2000S
HG
6.1 2.0/3.0 185 43/13.5 3-125、4-100、5-75/3-110、4-85、5-65/0.6-150、0.8-110、1-80 82 45 5/1 16,300
2500 5.3 3.5/9.0 225 47/17 2-170、2.5-150、3-120/2-140、2.5-125、3-100/1-320、1.2-270、1.5-220 78 55 5/1 17,300
2500S
HG
6.0 2.5/4.0 220 47/17 5-110、6-95、8-70/4-130、5-100、6-80/0.6-200、0.8-150、1-120 89 55 5/1 17,300
C3000 5.3 3.5/9.0 225 47/17 2.5-180、3-150、4-100/2.5-160、3-130、4-100/1-400、1.5-270、2-200 78 55 5/1 17,300
C3000HG 6.0 3.5/9.0 225 47/17 2.5-180、3-150、4-100/2.5-160、3-130、4-100/1-400、1.5-270、2-200 89 55 5/1 17,300
C3000XG 6.4 3.5/9.0 225 47/17 2.5-180、3-150、4-100/2.5-160、3-130、4-100/1-400、1.5-270、2-200 94 55 5/1 17,300
4000 5.3 6.0/11.0 270 52/19 3.5-170、4-150、5-125/3-190、4-145、5-115/1-490、1.5-320、2-240 87 55 5/1 19,500
4000XG 6.2 6.0/11.0 270 52/19 3.5-170、4-150、5-125/3-190、4-145、5-115/1-490、1.5-320、2-240 101 55 5/1 19,500
C5000XG 6.2 6.0/11.0 285 52/19 4-190、5-150、6-125/4-170、5-135、6-115/1.5-400、2-300、3-200 101 55 5/1 20,500

※XG=エキストラハイギア仕様、HG=ハイギア仕様、S=シャロースプール仕様、C=コンパクトボディ
※ストッパーの切替機構はありません

1000番~5000番台までがラインアップ。アジ・メバ系ライトゲームやトラウト、バスはもちろん、シーバスやエギング、ショアジギなど人気の釣りはほとんとカバーできるラインナップ。

そして、本体価格を見ると最も価格帯が上の「C5000XG」で20500円。…実売価格でいうと1万円台でしょうか。

 

お値段以上のスペックに注目

従来のモデルに比べ、「巻き」「キャスト性能」「耐久性」「軽さ」が格段に進化したという21アルテグラ。

 

実際に搭載された技術を見てみると、これだけ入っています。

マイクロモジュールギアⅡ

まず、注目すべきは18STELLAにも採用されている「マイクロモジュールギアⅡ」が搭載されていること。

ギアの歯、ひとつひとつの歯面から設計を見直したマイクロモジュールギアⅡにより、理想的な歯形状を追求。音鳴りの低減、滑らかなギアフィーリングへと向上。

 

サイレントドライブ

さらに、「ストラディック」から上位機種のリールに採用されている、ガタツキを抑える機構「サイレントドライブ」も採用。

 

他にもこんな機構を搭載

さらにさらに「ロングストロークスプール」「Xプロテクト」などの最新機構を惜しみなく搭載しています。そして、ボディは樹脂製からCI4+に変更されていて、モデルによって15g~最大20gほど軽量化。

ここまでの機構が入って実売価格は1万円台。超ハイコスパなのではないでしょうか。

 

関連動画もチェック

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

 

最新機構を惜しげもなく搭載した「21アルテグラ」。入門機としてはもちろん、サブ機としてもアリですよね。早く実際に触ってみたいです!

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。