ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【デカバスほど浮きやすい】冬でもシャローゲームが成立する!水野浩聡の「冬バス攻略理論」

連載:水野浩聡のOne more fish

こんにちは!

去年と比べたら格段に寒く、しっかり雪も降っているので久々に冬らしい冬を体感しているここ最近。フィールドの水温もそろそろ冷え切った最低水温期になってきました。

 

待望の初バスをキャッチ

おそらく、ここから2週間くらいが1年の中でも最も水中が冷えるタイミングで、深いレンジの水温は相当冷たいんだろうなと容易に想像できるくらい。

深いところに居れば居るほど魚の活性が落ちているんだろうなと思っています。

僕自身もやっと初バスを釣りましたが、上記のような深い所に落ちきって動かないようなタイプの魚ではなく、どちらかと言えば水温の上昇や風のタイミングでこまめに着き場を変えているような個体。

 

掛かったエリアも水温が上がり、ディープ隣接のハードボトムが絡むブレイクの途中。

年末年始から連敗を食らっていましたが、その間に良さげな場所の把握や地形変化をイメージ。そしてなんとなくでも、反応するタイプのルアーなどを詰めていった結果での1本だっただけに嬉しい今年の初バスでした。

 

冬でもシャローゲームは成立する

釣れたルアーですが、「ファイボス3in」の7gフリーリグ。

ジャッカル公式「ファイボス」詳細ページはこちら

 

 

実は釣れた魚以外にもバイトは結構ありましたが、乗せることができたのは1本のみ。

しかし、その1本は他のバイトよりもブレイク途中の少し浅いレンジで食ってきた個体だったので、よりやる気のあるバスほどそういった場所まで突っ込んで差してきて、バイトも深い印象。

最低水温期になっている時期ですが、必ずこういう動く魚ってのはいるし、もっと浅い場所でもっといい個体が釣れたりする可能性も全然あります。

 

デカい魚ほど浮いてきやすい冬のバスフィッシング

これから2月に入っていくわけですが、先述したようにボトムにいけばいくほど水温が落ちやすい傾向にあります。

イイ個体ほど水中で浮いてきやすいです。水深のある場所での釣りであれば、この浮いた魚を釣っていくのもアリかもしれませんね!

 

この辺はまた別のタイミングで書ければなと思います。最後に、今週末の1/22-1/24の3日間に渡り、オンラインで「釣りフェスティバル2021」が開催されます。

初めての試みということで、僕も見るのを楽しみにしているわけなんですが、ジャッカルも特別配信を予定していて、特番などが見れるようになります。

 

「釣りフェスティバル2021」と「JACKALL ONLINE FISHING SHOW 2021」の紹介記事も是非チェック!

いよいよ開催される「釣りフェスティバル」!イベント内容や出展社情報などを改めて紹介

ジャッカル・オンラインフィッシングショー2021【2021年1/22(金)〜1/24(日) オンラインで開催】

 

すでにジャッカル公式HP内でも、そのお知らせがアップされていますので、今年のニューアイテムの発表と共に番組の内容もチェックしていただければと思います。

この3日間はオンライン上で盛り上がっていきましょう。

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

 

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい