ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

厳冬期のサーフ・ヒラメゲームで活躍するメタルジグとその使い方

寄稿:滑谷 徹

滑谷 徹(Toru Naberidani) プロフィール

1998年生まれ、岐阜県出身。現在静岡県に在住する若手マルチアングラー。幼少期から渓流や本流トラウトに親しむ。静岡に進学後(卒業研究ではヒラメの胃内容物について研究)、SWフィッシングを本格的に開始。現在ジャクソンスタッフ。

厳冬期にヒラメ狙いで活躍するメタルジグの使い方についてご紹介

Jacksonのなべちゃんこと滑谷 徹(なべりだに・とおる)です! 今年もどうぞよろしくお願い致します。

さて今回はこれからの厳冬期にヒラメを狙う際に活躍するメタルジグの操作方法をご紹介させて頂きます!

私が通っている静岡サーフでは冬場になると水温がぐっと落ち、1月中旬から2月下旬頃にかけてはヒラメの活性も低下していきます。。。そのため春や秋といった最盛期同様の攻め方では魚からの反応を得にくいシーズンに突入します。

水温が低下し低活性状態となったヒラメはルアーを活発に追わず一般的なタダ巻きやストップアンドゴーなど「通過型のアクションに対しての反応が落ちます。

そんな状況下ではヒラメのバイトゾーンにルアーをフォールさせ送り込みやすいメタルジグやワーム等の「落下・下降型のアクションが魚に最も口を使わせやすい攻め方となります。

ワームといっても20g~30g前後のジグヘッドとシャッド系ワームの一般的な組み合わせではなく、食わせを最も重視した7g〜15g程度のジグヘッドとストレート系ワームを組み合わせたフィネスなワーミングがメインとなります。

厳冬期でも抜群の食わせ力をほこるサーフフィネスですが、この攻め方のみでは攻略範囲が限定されてしまいます。またいざポイントで釣りを開始しても手前にベイトや地形変化が少なかったり、沖のブレイクだけが流れていたりと、様々な状況に直面します。

活性の低い厳冬期に最も活躍するのがメタルジグでのリアクション釣法

そんな状況下で活躍するのがメタルジグでのリアクション釣法です。

リアクションというだけにド日中や潮止まりなど厳しい時間帯でも通用するのがこの釣法の魅力でもあります。

 

この攻めは簡単! ヒラメの頭上にメタルジグを垂直落下させ強制的にバイトに持ち込むべし

この釣法は至ってシンプル。ヒラメの頭上にメタルジグを垂直落下させ強制的にバイトに持ち込みます。いきなりスッと目の前に落下するジグに対して瞬発的にバイトするイメージでメタルジグを操作していきます。

夏場の高水温期や厳冬期の低活性でルアーを活発に追えない個体に有効的なテクニックとなります。

 

リフト&フリーフォール! テンションを完全に抜き、フリーで落とすのがキモ

操作方法としては3、4回ほどジャークを加えメタルジグをリフトさせ高さを与え、フォールの際にリアクションバイトを誘発させます。

フォールの際は「テンションを完全に抜きフリーで落とす」のが最大のコツです。いわゆる「リフトアンドフリーフォ―ル」ですね。

このフォールの際もジグの滞空時間が2秒前後とれるような重量・形状のメタルジグを選択すると良いでしょう。

バイトはあまり感じ取ることができないような「グニュッ」や「モゾッ」としたものが多くメタルジグがボトムに着底する瞬間が最も多いバイトのタイミングと言えます。
バイト後も次のリフトで自動的にアワセを入れてしまっているケースがほとんどです。

 

誘いのタテアクションに加え、フォールでも誘いをかけやすいセンターバランスタイプのメタルジグがオススメ

このようなジャークやリフトアンドフォールなど縦のアクションを加え、フォ―ルで掛けるタイプのメタルジグには水平にフォールし誘いをかけやすいセンターバランスタイプ(中心重心)が最適になります。

ちなみに私が愛用しているのはジャクソンで展開しているギャロップアシスト・フォールエディション

このメタルジグはジャーク後にはヒラヒラとキレイにフォ―ルをしてくれるのでしっかりと誘うことができます。目の前に落とす事を重視した厳冬期のフラットフィッシュ攻略には特にオススメです!

愛用しているジグはギャロップアシスト・フォールエディション

重量は水深や潮流、風などによって使い分けますが、30gを中心として20~40g前後で組み立て頂ければと思います。

ジャクソン公式ギャロップアシストフォールエディション詳細ページはこちら

Size Weight Hook Quantity Price
53mm 15g フロント:#11 リア:#10 1 ¥600
59mm 20g フロント:#11 リア:#8 1 ¥680
67mm 30g フロント:#12 リア:#6 1 ¥740
74mm 40g フロント:#13 リア:#4 1 ¥780
84mm 60g フロント:#14 リア:#3 1 ¥850

 

参考タックル

ロッド:Jacksonサーフトライブ1082ML

MODEL NO. Length Power Lure weight Line Action Price
STHS-1082ML 10.8′ Medium Light 7-40g PE0.8-2 Fast ¥26,000

リール:SHIMANOヴァンキッシュ4000XG
ライン:SHIMANO ピットブル8 0.8号
リーダー:KUREHAシーガーフロロショックリーダー20lb
ルアー:Jacksonギャロップアシスト・フォールエディション20g~40gなど

 

以上が厳冬期でのメタルジグ操作に関する解説となります。

これからの厳冬期、ちょっとだけ今回のお話を思い浮かべ、メタルジグ使用してみてください。

みなさまが素敵な一枚に恵まれることを期待しています。それでは!