ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【任意の水深を攻めることが可能】一定レンジで激ロールを生む!O.S.P「ピクロ」にスーパースローシンキングモデルが登場

2020年夏、O.S.Pから登場した特殊形状をしたプラグ「ピクロ68F」。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

 

ロールアクションに拘られたルアー。ボディ背面にリップが備っており、このリップが水の抵抗を生みながら、クイックなロールアクションを発生!

これまでのプラグには無い強烈な色覚変化&フラッシングで、バスに猛アピールします!

ピクピクと弱ったベイトをロールアクションで演出する、ということで名付けられた動きは、まるで瀕死状態のベイトそのもの。

スピードを上げていくと、無警戒やパニック状態のベイトフィッシュの動きも演出、発売と共に一躍注目を浴びてリザーバーや河川、野池などの様々なフィールドで多くのアングラーから親しまれるルアーとなりました。

さて! そんなピクロから今年、2021年の2月にSSS(スーパースローシンキング)モデルがデビューすることになりました!

 

ピクロ 68 SSS【O.S.P】

2021年2月登場予定

新たに加わることになった「ピクロ 68 SSS」。オリジナルでは止めると浮きましたが、今回は超スローフォール。

一体スーパースローシンキングにはどんなメリットがあるのか? 早速注目していきましょう!

サイズ ウエイト タイプ フックサイズ 備考 カラー 本体価格
68.0mm 4.6g Super Slow Sinking リュウギ ピアストレブルダガー#10(前後) リング:ラインアイ#2、フックアイ#1
特殊繊維&チューブ2回分
11 1,800円(税抜)

O.S.P公式「ピクロ 68 SSS」詳細ページはこちら

 

任意のレンジを攻めることが可能

スーパースローシンキングモデルの最大の特長は、任意のレンジを攻めることが可能なトコロ! 狙いたいレンジをスローにジックリ通すことができます。

水面直下はモチロン、それより深いレンジでもスーパースローシンキングの特長を活かしてアプローチできるので、「ピクロ68F」では届かせなかったエリアをカバーすることができます。

 

移動距離を抑えたロールアクション

移動距離を抑えたロールアクションはオリジナルを継承。背面に備わったリップが水の抵抗を生むと共に、バスを引き寄せるロールアクションを発生!

 

フォールスピードもスローなので、移動距離を抑えつつ一点でジックリ誘い続けることができます。

スーパースローシンキングのメリットを活かし、一点でネチネチ誘いながら、ジワーッと沈ませるなど、プラグでホバストのようなアクションを生み出せます。

 

オリジナルにはできないことができ、逆に「ピクロ 68 SSS」にはできないことが、オリジナルで可能だったりするので、2タイプを状況によって使い分けていただくと、イイ釣りが展開できそうですね!

 

コダワリ満載のディテール

フック絡みを抑制するフィン

ボディ背面に設置されているフィン。

このパーツの役割はリアフックがボディに背負うことを防ぐ役割を果たしながら、ロール時のテールのばたつきを抑える役目も果たします。

 

小魚の尾びれを再現!特殊繊維

ボディ後部に搭載したテールのような特殊繊維は、ルアーをステイさせた時に僅かな水流でも水中で艶めかしくなびき、ベイトフィッシュの尾びれを再現。

1 / 2
次へ