ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

フィッシング専用設計のハードシェルジャケットが新登場!ティムコのフォックスファイヤーの「GORE-TEXハイドロマスタージャケット」

新製品総力特集2021

出典:ティムコ公式Foxfire GORE-TEXハイドロマスタージャケット詳細ページ

2021年1月にFoxfireからタフコンディションにも負けないハイスペック・フィッシングジャケット、「GORE-TEXハイドロマスタージャケット」が登場します。

今の季節、アウトドアやスポーツメーカーのジャケットなどを着用している方も多くいるかと思いますが、この「GORE-TEXハイドロマスタージャケット」は防水性、防風性、透湿性に優れたゴアテックスファブリクス3レイヤーを採用した、フィッシング専用設計!

まさにまだまだ寒いシーズンが続くこれからの時期に活躍するハードシェルジャケットになってます。

フィッシング専用設計のハードシェルジャケット

フィッシング専用設計ということもあり、すべてのデザインが釣りのシーンを想定してデザインされています。

取り外し可能なフードには、顔を風雨から守る大型のチンガード。

ロッドなどを持ちながらでも片手で頭頂部と側頭部の2軸方向を一度に絞れる2WAYアジャスターや下を向いた際に水滴が手元に垂れてくるのを防ぐレインガーター、キャップのブリムにフードを固定するキャップクリップが付属し、荒天時の時速100kmを超えるボートでの高速移動にも対応する仕様になっています。

また、高めにデザインされた襟部分には通気孔を設け、背面アジャスターでフィット感を調整することも可能など、フィッシングシーンでよりストレスフリーで各部が調整できる設計になっています。

キャスティングやフッキングなど動作時も快適にする立体裁断パターン

キャスティングやフッキング、アクション操作時など激しい動作にも対応している「GORE-TEXハイドロマスタージャケット」。

肩から腕にかけての立体裁断パターンを採用することで、激しい動作にもストレスなくスムーズにしてくれます。

袖口はインナーカフス仕様で、別売のストレッチレインガードを併用することにより、水の浸入を軽減するなど、タフなコンディションであるほどに、その真価を発揮するハイスペック・フィッシングジャケットになっています。

素材・スペック

素材:ゴアテックスファブリクス3レイヤー70Dタッサー(ナイロン100%)

カラー:グレー

サイズ:M・L・XL

価格:56,000円(税別)

発売:2021年1月予定

ティムコ公式Foxfire GORE-TEXハイドロマスタージャケット詳細ページはこちら

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。