ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ジャッカルのアジング対応ロッド全8機種!ビギナーから中上級者まで、納得の1本が見つかるはず!

アジング特集

アジングって面白そう!始めてみたいけど、どんなロッドを選べばいいか分からない…

今までジグ単オンリーだったけど、違うスタイルも楽しんでみたい!

そんな、アジングビギナーや、マニア予備軍のみなさんのロッド選びのご参考までに、ジャッカルのライトゲームロッドのフルラインナップをご紹介したいと思います!

まずは、アジング専用ロッドから!

SCADWALL(スキャッドウォール)【ジャッカル】

スキャッドウォールとは、アジの壁という意味。アジング専用ロッドで、全5機種のラインナップがあります。

トルザイトガイド採用、高感度マイクロガイド仕様。高感度なハイスペックロッドです。

まず最初に、アジングやメバリングといったライトゲーム用ロッドには、チューブラーティップとソリッドティップという2タイプがあります。

それぞれどう違うのかというと、チューブラーティップのメリットは、感度の高さ。手に伝わる感度が各段に高く、アタリを捉えやすいところ。一方、ソリッドティップのメリットは、食い込みのよさ。潮の変化を感じやすかったり、ジグヘッドの重みを捉えられるという利点もあります。

初めてアジングをする方には、アタリが捉えやすいチューブラーティップを選んでいただき、慣れてきたらソリッドティップへ、というのがいいかもしれません。

では、スキャッドウォールシリーズ全5機種、それぞれの特徴を見ていきましょう!

まずはショートレングスモデルから。

SWS-56JH-ST

接近戦を制するソリッドティップタイプ。港湾部や漁港内などのシチュエーションで、軽量ジグヘッドを操作するのにぴったり。ワンピース仕様です。

SWS-58JH-TT

高弾性カーボンとチューブラーティップのショートレングスモデル。1g前後のジグヘッドを使用してのレンジコントロールがしやすく、バイトの感知力も高く、小さなアジでも吸い込んだ時のアタリが捉えやすく、則フッキングが可能。ワンピース仕様。

続いて、2ピースモデル3機種です。

SWS-62HS-ST

ジグヘッドやスプリットショットなどオールマイティーに使用できる万能スペックを持った1本。超高感度なブランクスから伝わるアタリを積極的に掛けていける、ソリッドティップモデル。

SWS-610LC-ST

6フィート10インチと言うロングレングスで、足場の高いフィールドや、ロングキャストが必要な状況で活躍するソリッドティップモデル。ミドルウエイトのメタルジグやキャロライナリグに対応。

SWS-80CL-ST

ギガアジにも負けないパワーを備える、8フィートのソリッドティップモデル。キャロライナリグやフロートリグで広範囲を探ったり、ディープも攻略できるロングレングス。

※トップガイドはTi/SiCガイド、その他はTi/トルザイトガイドで設定

■SPEC

Name Length(ft) 継数 Lure Line Price
SWS-58JH-TT 5’8″ 1本 ~5.0g mono~4lb/PE~0.6号 ¥39,800(本体価格)
SWS-80CL-ST 8’0″ 2本 ~14.0g mono~4lb/PE~0.6号 ¥43,000(本体価格)
SWS-56JH-ST 5’6″ 1本 ~3.0g mono~4lb/PE~0.6号 ¥39,800(本体価格)
SWS-62HS-ST 6’2″ 2本 ~5.0g mono~4lb/PE~0.6号 ¥39,800(本体価格)
SWS-610LC-ST 6’10” 2本 ~7.0g mono~4lb/PE~0.6号 ¥39,800(本体価格)
次ページでは、BRSのアジング対応モデル3本をご紹介!
1 / 2
次へ