ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【2021年エンジンからライクフィッシュテール】房総リザーバーの切り札「ライク」がフィッシュテールに!巻いて泳ぐ、落として泳ぐシェイバーテールがバスを呼ぶ

新製品総力特集2021

エンジンの人気ワーム「ライク」に新たな派生モデルが登場します。

ライクといえば千葉房総のメジャーフィールド亀山ダムをホームに活躍する羽生和人さん監修。

ハイシーズンを攻略する上で欠かせない「フィーディング」のバスに対応するべく生まれたリアル系ソフトベイト。

1.5インチ、2.5インチ、3インチがある3兄弟。

ライク2.5インチ

ライクフィッシュテール

さて、そのライクの派生形、その名は「ライクフィッシュテール」。

以前からエンジンの羽生さんのブログなどに登場していた「とあるワーム」の呼び名で出ていたあのルアーです!

ライクフィッシュテールは2021年の3月発売が予定されています。

出典:エンジン公式スタッフレポート詳細ページ

サイズは3インチとライクのベイトのシルエットをそのままに、フィッシュテールを組み合わせたリアルフィニッシュワームになっています。

注目のシェイバーテール

この「ライクフィッシュテール」の注目ポイントはなんといってもテール部分!

カミソリの様な形状で羽生さんが「シェイバーテール」と呼ぶこのテールがスイミング時の微波動と、フォール時のシミーフォールを演出するそうです。

ミドスト、ホバスト、そしてオフセットフックを使用したノーシンカーなど、様々なリグにマッチします。

特にノーシンカーではフォールさせてもただ巻きで泳がせても、テールが艶めかしく動き、高い完成度の仕上がりなっています。

ちなみにオフセットフックの推奨はスーペリオのLOフックの#1のサイズ。

ちょっと沈めたい、早く巻きたいという場合は0.3g~0.45gのネイルシンカーを挿入するのがオススメです!

房総リザーバーマンスリー釣行動画「房総コア」の#32でもライクフィッシュテールが登場。

ライントラブルを直している間に勝手に釣れていた、つまり落としているだけでもテールが泳いでいる…なんてトークも聞けますのでぜひチェックを!

片倉ダムや房総リザーバーでの釣行でも高い釣果を発揮しています。

冬の時期は活性もイマイチ上がらずの状況ですが、そんなバスを誘い出して、バイトまで至らせるパワーを秘めています。

フックの掛かりも口の中にしっかり入り、その様子からも本気食いをしているのが見て分かります。

使用タックルや詳細な情報はエンジン公式のスタッフレポートで羽生さんが解説しています。

ぜひ併せてチェックしてみてください!

また今後、新情報が入り次第公開していきます。

エンジン公式スタッフレポート詳細ページはこちら

リングス(RINGS) プロフィール

釣用品総合商社ツネミのオリジナルブランドRINGS(リングス)。トータルブランドリングスにはさらに3つのカテゴライズがある。実践型バスブランドとなるENGINE(エンジン)、ショアからオフショアソルトまでのソルトルアーゲームアイテムがそろうECLIPSE(エクリプス)、そしてエリアとネィティブの現場からのフィードバックしたアイテムがそろうトラウトブランドDAYSPROUT(ディスプラウト)。