ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【トレカM40Xにより更に強く】リール位置を自在に決めれるダブルロック仕様!オリムピック「19アルジェントプロトタイプ」

オリムピックのシーバスロッドの最新機種として知られている、「19アルジェントプロトタイプ」。

オリムピック公式「19アルジェントプロトタイプ」詳細ページはこちら

 

最新製法をふんだんに採用した前モデルの「16アルジェントプロトタイプ」よりも更にパワーアップ、ブランクス設計も1から見直されて新素材も採用。まるで生まれ変わったに近いほど、別のロッドのような仕上がりに。

19アルジェントプロトタイプ」は2019年に登場した機種ですが、長期に渡ってテストが繰り返されたことで、リリースされたのは2019年の年末!

つまり、2020年にデビューした新機種とそこまで発売時期が変わらず、デビューして1年足らずのNEWモデル! 「16アルジェントプロトタイプ」を上回るため、更にコダワリが詰め込まれた「19アルジェントプロトタイプ」、前モデルとの違いは? 早速注目していきましょう。

 

ブランクスが更パワーアップ!「19アルジェントプロトタイプ」

前作の「16アルジェントプロトタイプ」も当時の最新技術を多く取り入れてましたが、「19アルジェントプロトタイプ」は更にバージョンアップ!

大きく変わった点は、最新のカーボンプリプレグ「トレカT1100G」をメインに使用していたのに加え、何と! 更に高弾性・高強度を誇るトレカM40Xをあわせて採用。

 

因みにトレカM40XとはT1100Gよりも高弾性な炭素繊維である”トレカ®MXシリーズ”の最初の品種。

繊維強度と弾性率の両方を極限追求しており、従来の炭素繊維と同等の弾性率を保持したまま、強度を約30%向上させることに成功したとされる最新の炭素繊維。

この2つの炭素繊維が合わさり、引張強度と耐衝撃性を両立したマトリクス樹脂技術、『ナノアロイル技術』を組み合わせることで、航空・宇宙、ハイエンドスポーツ用品といった分野で要求される極限性能を実現。

以前よりも更に高強度で高弾性、よりシャッキっとしたブランクスに仕上がり、ダイレクトな操作性を実現できるようになりました!

 

オリムピック独自技術も惜しみなく採用

更に前モデルと同様、”クワトログラファイトクロスXX”や”G-MAPS製法”も同時に備わることで、軽量で曲げやねじれに強く、圧縮への強さに対しても優れた特性を発揮!

出典:オリムピック公式ページ

 

リールポジションを自在に決めれるように

また、ここも注目すべきポイント! 「16アルジェントプロトタイプ」の場合リールシートはアップロックを採用していましたが、「19アルジェントプロトタイプ」に関してはリールのポジションを好きな位置にセットできる、アップダウンのダブルロック仕様にチェンジ!

グリップは同様、耐久性や耐食性に優れるEVAを採用。

1 / 2
次へ