ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

100gクラスのビッグベイトを扱える重量級バーサタイルロッド!ZPIのアルカンセHC75XH!

先日、ZPIの伊藤雄大プロから新ロッドが開発中とのレポートが公開されました。

開発中のロッドは5本、そのなかでも注目なのがシリーズ最強パワーモデルといわれているアルカンセHC75XH。

ビッグベイトのなかでも大型に分類される100gクラスのルアーを扱える性能になっています。

今回はこのNEWロッド、アルカンセHC75XHについてご紹介していきます。

前回のZPIの伊藤雄大プロの紹介記事はこちら。

【大注目!! ZPI・アルカンセロッドNEWモデル開発中】入念なテストを繰り返し…この秋!? 伊藤雄大が解説

100gクラスのビッグベイトを操れるパワーモデル!アルカンセHC75XH

年々盛り上がりを見せるビッグベイトゲーム。

しかし、一言でビッグベイトといってもウエイトに幅があるのも事実。特に近年では3オンス越えのルアーも各メーカーから多数登場しています。

今回のアルカンセHC75XHは100gクラスのビッグベイトを操れるシリーズ最強のパワーを持つモデルです。

もちろんビッグベイト以外でもアラバマリグなどのヘビーウエイトやヘビーカバーにも対応できる重量級バーサタイルロッドになっています。

ちなみにZPIのアルカンセロッドは、大枠の使い方が分かりやすい機種表記になっています。

Vならバーサタイル、JWならジグ&ワーム、FMならファストムービング。そしてこのHCはヘビールアー&ヘビーカバーという意味。

長時間キャストしてもアングラー側の負担も分散させるロッド設計

このアルカンセHC75XHはロンググリップ&ECSグリップ採用のハイパワーモデル

ビッグベイトなどヘビーウエイトのルアーをキャストしていると、手首や腕にもかなり負担がかかってしまいます。

このアルカンセHC75XHはグリップエンドを長くすることで両手に負荷を分散させ、長時間キャストを続けられるように設計されています。

またブランクも強靭でありながら曲げる程に粘る柔軟性も併せ持っているので、キャストやアクション、ファイト時にもアングラーをアシストする仕様になっています。

ラインもフロロの20~25lbが標準使用で、よりルアーの動きにキレを出したいシーンではPEラインもオススメです!

ちなみにビッグベイトに最適なセッティング

出典:ZPI公式アルカンセリール詳細ページ

ビッグベイトを使用する場合はリールはハイギアがオススメです!

ZPIのアルカンセリールのXS(エクストラハイスピード)はギア比8.1とビッグベイト操作にも相性がよく、伊藤プロも愛用しています。

ハイギアのハンドル操作によるクイックな首振りアクションを付けやすく、とっさのバイトにも素早く対応できるなどメリットは多くあります。

ビッグベイト以外でもジグやテキサスリグでのカバー撃ちにも使えるので、ぜひこのアルカンセHC75XHと組み合わせはオススメです!

ビッグベイトをスローリトリーブしたいときにはギア比7.3:1のHSもオススメになります。

ZPI公式アルカンセリール詳細ページはこちら

ZPI公式スタッフブログで公開中!

ビッグベイトのオススメセッティングやNEWロッドの情報などはZPI公式スタッフブログの伊藤雄大プロのページにて公開中です!

ぜひ併せてチェックしていてください!

ZPI公式スタッフブログの詳細ページはこちら

アルカンセHC75XHプロトでのビッグベイトの実釣動画はこちら

伊藤 雄大(Yudai Ito) プロフィール

オフィスZPI所属。アルカンセロッド&リールを駆使し、ハードルアーのみ使用可能なバストーナメントH-1グランプリ2019では参戦初年度から年間ランキング3位を獲得。エリアフィッシングでは絶対王者の異名を持ち、そこで培ったレンジコントロールを武器に様々な魚種を追いかけるプロアングラー。

ZPI(ジー・ピー・アイ) プロフィール

元々はカスタムチューンメーカーとして高い評価を受けていたZPI。2019年、ZPIは総合釣具メーカーへと生まれ変わった。元来の技術力の高さを生かしたリール「アルカンセ」を皮切りに、リールのみならずロッドもリリース。「アルカンセシリーズ」としてバスフィッシング界で新たな注目株となっている。また、偏光グラス「エアエピック」やフック「EZオフセット」など、分かりやすく使いやすい、それでいてハイスペックなアイテムをさらに拡大中。社名の由来は「Z Performance Technology Inc.」Z:究極の、Performance Technology:性能・技術、Inc.:会社。