ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

冬期も活躍!センドウタカシ監修「ハードコア・ミノーフラットF」

冬のバスフィッシングというとメタルバイブやクランクなどがイメージされるかと思います。

もちろん、今あげたようなルアーは冬のバス攻略に有効なルアーですが、実はミノーも冬の時期に非常に活躍します。

今回紹介するのはデュエル「ハードコアミノーフラットF 」

センドウタカシさんがプロデュースしたフラッシングミノーになります。

2020年8月には130Fのサイズが追加され、まさに今の季節にオススメのルアーになります。

トリプルミラーボディ採用した最強フラッシングミノー

出典:デュエル公式ハードコア® ミノーフラットF詳細ページ

このミノーフラットのポイントになるのがトリプルミラーボディ採用したフラッシング効果!

トリプルミラーボディは3つの異なったミラー構造で多彩なアピールができるハードコアの代名詞ともいえる設計です。

特にミノーフラットFはその名の通り、フルフラットサイドボディで色調変化と光の明滅を発生させやすく、このトリプルミラーボディの特性を最大限に発揮できる性能になっています。

冬のシーズン、シャローに出てきたバスを狙うのにも非常にオススメです!

ニューマグネット重心移動システムを採用

ニューマグネット重心移動システムを採用することで内部の磁力が20%UPしています。

キャスト時は後方にウエイトが寄り、飛距離とキャストの正確性が向上、着水後はウエイトがボディ前方へ移動し、アクションレスポンスと安定したスイミングが実現!

飛距離とキャスト精度を保ちながら固定重心の長所を融合した、デュエルオリジナルの重心移動機構です。

小魚の浮上モーションを再現したアクション性能!

このミノーフラットF のタイプはフローティング仕様で、基本はストップ&ゴーなど止めの動作を交えながらの誘いが有効です。

また、タダ巻きやジャークのあとにストップで、水面の虫を捕食する小魚の浮上モーションを再現するなど、バスの捕食スイッチを入れる要素が凝縮されています。

冬の時期のバスは魚食性が高くなる個体も多く、越冬に向けて良型のベイトにも積極的にバイトしてきます。

気温が上がったタイミングでシャローに浮いてきたバスを狙い撃ちするのにもこの「ミノーフラットF」は非常にオススメ!

今回130Fのサイズが追加されたことで、魚食性の強い大型の個体を狙うにも最適です!

「ミノーフラットF」のカラーとスペック!

CSH:シトラスシャッド

GHPB:ゴーストプロブルー

GSSH:ゴーストシャッド

GSPS:ゴーストパールシャッド

GSWS:ゴーストワカサギ

HBSN:ブルーシャイナー

HCR:クラウン

HGSN:ゴールデンシャイナー

MEWS:メタリックワカサギ

MGSA:メタリックゴーストアユ

サイズ(mm) 重量(g) リングサイズ フックサイズ 飛距離 レンジ
70 4.5 ♯2 ♯10 30m+α 1m
95 10.5 ♯2 ♯8 30m+α 1.2m
110 15 ♯3 ♯6 35m+α 1.5m
130 20 ♯3 ♯4 40m+α 1.5m

デュエル公式ハードコア・ミノーフラットF詳細ページはこちら

DUEL

1967年創業の老舗! 福岡県福岡市を拠点とするバス釣り&SW各魚種向けのルアー、エギ、フィッシングライン中心に手掛ける釣り具の総合メーカー。 デュエルの人気主要ブランドは3つ! 国内向けのルアーと釣り糸を主に扱う「デュエル(DUEL)」 主にイカ釣り製品と海外向けルアーを中心に扱う「ヨーヅリ(YO-ZURI)」 ラインやルアーを主に扱う「ハードコア(HARDCORE:釣糸、ルアー)」