ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【SLJからバスのオカッパリまで】ガンクラフトの「コソジグミニ」は冬でも活躍する万能ジグ

「誰にでもたくさんの魚が釣れるジグ」がコンセプト。

ガンクラフトが手掛ける人気メタルジグ”コソジグ”。

今回紹介するのは、そのダウンサイジングモデルである「コソジグミニ」。

 

20~45gというSLJ(スーパーライトジギング)やショアジギングにピッタリのサイズ感なのですが、冬のデカバス狙いに使用しているアングラーもいるんだとか。

 

コソジグミニ【ガンクラフト】

鉛素材でコンパクト形状の「コソジグミニ」。ラインナップは20g・30g・45gの3種類で、この小さな見た目が回遊魚から根魚まであらゆるフィッシュイーターに有効でオフショアやショアジギ、バスなど様々なシーンで活躍しているという。

ガンクラフト公式「コソジグ ミニ」詳細ページはこちら

 

超コンパクト/左右対称センターバランス

最大の特長はその”コンパクト”さと、喰わせ要素の詰まった”イレギュラーアクション”。

全長を短くしてボディに厚みを持たせたことで、タングステンジグ並みのコンパクトさを実現! この形状によって空気抵抗や水抵抗を軽減し、キャスタビリティや操作性が向上。SLJ、ライトショアジギング、バスフィッシングなどに大きなアドバンテージ。

 

ジグの形状は、左右対称&センターバランス設計。これがフォール時にはヒラヒラと水平フォールを演出。また、強めにジャークするとクルクルっとスパイラルし、弱めにジャークするとスッと上がる。そして横を向いてフォール…というイレギュラーなアクションを演出。フラッシングと明滅でターゲットに強烈アピール。

 

使い方はSLJではタダ巻きやリフト&フォールが良いみたいです。一方バスではキャスト後、着底したらロッドを細かくシェイクしたり、ロッドを小さくあおってリフト&フォールを繰り返したり…。リアクション的な使い方がこれからは良さげ。

もちろん、その飛距離を活かしてため池の最深部を攻めたりも可能!オカッパリバスでもこれからの時期は活躍してくれそう。

 

フロントフックも標準装備

フロントにはアシストフックが標準装備。パッケージ開封後すぐに使用できるのも嬉しいポイント!

 

こんなチューニング方法も

フェザーフックやブレード、アシストフックを取り付けるなど、状況やフィールドに合わせて色々チューンするのもアリ。

 

カラーバリエーション

カラーは全12色がラインナップ。リアル系カラーを中心に濁りに強いグローカラーなども揃っていますよ。

出典:ガンクラフト公式「コソジグミニ」詳細ページ

 

使い方やアクション方法は動画でもチェック

出典:YouTubeチャンネル「GANCRAFTMOVIE」

出典:YouTubeチャンネル「 GANCRAFTMOVIE」

 

ソルトにバスに。いろんなシーンで使えるコソジグミニで、冬の貴重な1本を!

ガンクラフト(GANCRAFT)

自然豊かな和歌山県田辺市を拠点に、天才ルアークリエイター平岩孝典氏が社長をつとめるルアーメーカー。元祖S字系「ジョインテッドクロー」シリーズやキラーズシリーズのルアーやロッドなどの人気バスアイテムだけでなく、餌木邪やコソジグなど、こわだりのソルトウォーターアイテムを続々と輩出中。