ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【釣果続々!】メガバス 礁楽シリーズ最小1.5inch/2inch!旬のアジやメバルに「ドクターチョロ」!

さぁ、寒くなってきたら…いよいよ。今シーズンは何やら好調な兆しの「アシ・メバ」が気になりますねぇ。

今年登場したメガバスのライトSW系ブランド「礁楽」ワームシリーズも好調みたいですよ!

 

Dr.CHORO(ドクターチョロ)

礁楽ワームシリーズで「アジ・メバ」がターゲットのワームといえば「ドクターチョロ」。シリーズの中でも最小となる1.5inch、2inchで、アジやメバルを狙うには最適なサイズ感。

Type:1.5inch/2inch
入数:10本入
Other:1.5inch : ¥640/2inch : ¥640

メガバス公式「Dr.CHORO」詳細ページはこちら

 

釣れてます

 

この投稿をInstagramで見る

 

マミタス(@anmami_co)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

マミタス(@anmami_co)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shinya Aramaki(@zatsuo408)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

遠藤 真一(@shin1_endo)がシェアした投稿

ほんと、各地で釣果続々。

 

ドクターチョロはこんなワーム

好調なドクターチョロ。一体どんなワームなのかと。

 

最大の特長は楕円の断面形状

扁平型のボディでフックセットがしやすいように2箇所にスリットが入っているのが最大の特長でもあるドクターチョロ。

 

タテとヨコ、2パターンのフックセットポジションができることにより、1つで2つのアクションが可能に。

ヨコにセットするとフォール時など水を受ける面積が広くなり、微振動やゆらぎを伴うスローフォールを演出。また、同じ重さのジグヘッドでもよりスローにフォールして、スレたフィールドや吸い込みきらないようなシビアな状況にも対応。

一方、タテにセットすると逆にフォールスピードが早くなり、ボトム付近やディープを効率よく狙えるように。

 

柔らかい

そしてもう一つ、”柔らかい”という点もポイント。

素材にはスーパーソフトマテリアルが採用されていて、さらにボディに施された多数のリブにより、わずかな水流でもしっかりアクション。さらに、アジやメバルの吸い込みやすさにも貢献。

 

豊富なカラーバリエ

そして豊富なカラーバリエも魅力。グロー系や、クリア系などの定番カラーはもちろん、グリパンなども使ってみたい感じ。

で、よーく見ると”ラメ”の大きさや多さもカラーによって異なっているようです。カラーローテに加えて”ラメ”でローテするのもアリ。

CLEAR / SILVER FLAKE

CLEAR / RED FLAKE

CLEAR / RAINBOW FLAKE

CLEAR / GOLD FLAKE

GLOW WHITE / SILVER FLAKE

GLOW OKIAMI

CLEAR SMOKE / BLUE FLAKE

CLEAR CHART / BLUE FLAKE

GRIPAN / RED & GOLD FLAKE

CLEAR ORANGE / RED & GOLD FLAKE

MATTE ORANGE / GOLD FLAKE

CLEAR PINK / RAINBOW FLAKE

 

とりあえず一投目はタテ刺しで、表層からボトムまで手早く探りたい。渋い時はヨコ刺しで、とにかくスローに見せたい。ライズしてる状況ならさらに軽いジグヘッドでヨコ刺し、水面直下をドリフトさせて…など、使い所はたくさんありそう。

今シーズンのローテーションにいかがでしょうか。

 

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。