ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【勝手に掛かってる?】ショートバイト対応アジメバ系プラグ「ライズショットDI」喰わせのダウンサイジングモデル【35SS・35S】

シマノ「ライズショットDI」。

バイブレーション?のような形状と、オートマチックに掛かるチラシ針が特長的な、どちらかというとアジングを中心としたライトSW全般に使えるプラグ。

2019年に全長46mm、3gと6gの2タイプが登場し話題に。

2020年はさらにそのダウンサイジングモデルが登場。アジをはじめ、これからシーズン本番を迎えるメバリングにも。

 

ソアレ ライズショット DI 35SS・35S

待ってた人も多かった?「ライズショットDI」喰わせのダウンサイジングモデルは全長35mm!

シマノ公式「ソアレ ライズショット DI 35SS・35S」詳細ページはこちら

 

サイズダウンモデルにも2パターンのウェイト

そして、ウェイトは2パターン。スローシンキングの1.9gと、シンキングの2.4gがラインナップ。

オリジナルの46SS、46HSと組み合わせれば、潮流など、その日の状況に合わせてより幅広いローテーションが可能に。

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

品番 サイズ/自重/タイプ 本体価格(円)
XK-R35T 35mm/1.9g/スローシンキング 1,300
XK-S35T 35mm/2.4g/シンキング 1,300

 

こだわりの仕様はそのまま継承

タダ巻きではレンジキープしつつ、i字アクション。アクションを加えればダートアクションでターゲットにアピール。

もちろん、吸い込みの良いオリジナルアシストフックも標準装備。

 

カラーパターン

クリア系、グロー系をはじめ、ベイトフィッシュやアミ、イカなどベイトに合わせてローテーションできる実績十分の12色がラインアップ。

 

ベイトが小さいときや、スローな状況など、状況がより厳しいときに効きそうなダウンサイジングモデル。

まだまだ釣れてるアジ、これからが本格的なシーズンとなるメバル狙いにぜひ!

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。