ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【東京湾サワラキャスティング】ジャッカル・吉岡進に聞いた「ナブラミノー」と「フォールトリック」、その個性と使い方

サワラのカマが好きなヨッシーと東京湾へ

近年注目を集める東京湾のオフショア「サワラキャスティング」ゲーム。

意外なほどルアーやアプローチにセレクティブだったりして面白く、いざヒットすればスリリングなファイトがたまりません。

秋から初冬にかけて盛り上がり、特にこの時期のサワラは食べても美味。

今回は「サワラはカマの塩焼きが好き」なジャッカル・プロスタッフ、ヨッシーこと吉岡進さんと東京湾へ。

ギュギュギュ~んというファイトがたまらない。サワラを掛けて笑っているヨッシー

サワラキャスティングでは基本的にはナブラ撃ち。ナブラにルアーを撃ち込んで攻略します。

とはいえ、いつもいつもナブラが起こっているなんてことはそうはなく、そうなるとレンジを探ったり、性格の異なるルアーを通したり、攻め方もルアーもローテしなければならないわけです。

ナブラが見えない中で、いわゆるブラインドの釣りとなります。

まぁやっぱりブラインドとなると難易度は上昇します。そして、ロケではまさにそんな難しい日に。届く範囲で見えるナブラはゼロ。つまり終始ブラインド。

左側がビッグバッカー・ナブラミノー。右側がリップレスミノーのビッグバッカー・フォールトリック

その中で、キッチリと結果を出してくれた吉岡さん(ちなみに船中4本という超タフコンでしたが、その内2本をヨッシーが)。

使用したルアーはビッグバッカーナブラミノービッグバッカーフォールトリックの二つ。

ジャッカルのおなじみ「ビッグバッカー」シリーズですが、表情の違うルアー2種。

……これだからサワラキャスティングは面白い!

ブリブリの強波動で広く魚を寄せるビッグバッカー・ナブラミノー

出典:ジャッカル公式ビッグバッカーナブラミノー詳細ページ

吉岡さんが先発として使用していたのがビッグバッカーナブラミノー。

何よりの特徴はその強波動。リップも相まって水押しが強く、波動で遠くの魚を引き寄せる効果があります。

つまり朝イチで効率的にアピールしたい、ナブラ撃ちで手っ取り早く勝負したいなんて時にはもってこいなわけです。

サイズは84mmと103mmの2サイズ展開。

いずれもファストシンキングでフォールスピードが速く、ボトムから探らなければならないシチュエーションでも扱いやすいシンキングミノーになります。

Length Weight Type Ring Hook Price
84mm 27g FAST Sinking #4 #4 ¥1,500(本体価格)
103mm 42g FAST Sinking #4 #2 ¥1,600(本体価格)

ジャッカル公式ナブラミノー詳細ページはこちら

ナブラミノーの性能を活かす2つのアクション!

強波動に加えて、もうひとつの特長が超高速巻きでも水面から飛び出したり、アクションが破綻しないってこと。

つまり、ナブラミノーの魅力は強波動とどんなに速く巻いても姿勢を崩さないことなのです。

そんな特性を活かした代表的なアクションが以下。

超高速巻き

キャスト、めちゃ速く巻く。以上。

スゴく使いやすくないですか? もちろん速く巻いてもスピードを落としても動きは安定しています。

ただ、特にサワラを狙う場合はこの高速巻きが有効で、例えばシーバスなどもいるようなエリアだと、スピードを落とした途端に捕まるシーンも多々(逆にシーバスも釣って楽しみたいならそれはアリ)。

ルアーが飛び出ないかな…と不安になることなく、メッチャ速巻きでサワラを狙って食わせることができちゃうのです。

各色インナーウエイト自体にもカラーが施されていて、なまめかしく誘ってくれる

ボトムからの巻き上げアクション!

ほかにもフォールスピードが速いので、表層~中層の高速巻きで反応しないときにはボトムまで落としてからの巻き上げも有効です。

今回のロケでは、ボトムからの巻き上げの瞬間にバイトしたのをキャッチ!

晴天時は魚のレンジも下がりがちなので、そんなときはフォールさせてボトムにたまっているベイトを散らしてサワラのスイッチを入れて誘いましょう。

シミーフォールと弱波動で食わせるビッグバッカーフォールトリック

ビッグバッカーフォールトリックで2本目

1本目のサワラを手にしたとはいえ、ナブラミノー高速巻きではヒットせず、止めからの動き出しの瞬間に食ったことから食い気バリバリではないと判断した吉岡さん。

そんな時に出番となるのがビッグバッカーフォールトリック。

出典:ジャッカル公式ビッグバッカーフォールトリック詳細ページ

フォールトリックのよさは巻いてよし、止めてよしのフレキシブルなアクション。

多彩なアクションで攻められるため、キビしい状況にも対応しやすいのだと話す。

ちなみに抵抗も少なくメッチャ飛ぶ。飛距離重視でセレクトしたい時も重宝するリップレスミノー。

こちらも84mmと103mmの2サイズ展開。

Length weight type Hook Size Price
84mm 27.7g Sinking #2 ¥1,500(本体価格)
103mm 41.1g Sinking #2 ¥1,600(本体価格)

ジャッカル公式ビッグバッカーフォールトリック詳細ページはこちら

巻きよし、止めよしのフォールトリック。

まずリトリーブではフラフラすいすい~といった感じのナチュラルアクション。ナブラミノーとは異なります。

そして止めるとボディを揺らしながら沈んでいくシミーフォール。このシミーフォールがめちゃくちゃ食わせ要素が高く、巻き→止め→フォールでは、フラフラ泳いでユラユラ落ちていく、弱った小魚のような演出をしてくれます。

フォールトリックの操作方法

特にボディを揺らしながらのシミーフォールは魚の食わせの間を作ることができます。

つまりはどこかのタイミングで止める→シミーフォールを入れるのが非常に効果的。

多彩なアクションができる故に、逆にどう使うの?となるかもしれません。そんなワケで一例を。

スローに誘うテロテロ巻き

まずはテロテロ巻き。ゆっくりしたタダ巻きですね。

ビッグバッカーとは対照的で、基本的にはスローに巻いてナチュラルに泳がせます。

ゆっくりボディを揺らしながら微波動で誘えるため低活性時には特に有効なアクションになります。

水面下をひきながら、波や風で時折イレギュラーな動きが加わるのでそうした瞬間にバイトしてくることも多くあります。

巻きからのストップでシミーフォール

テロテロ巻き、あるいはもう少しスピードを上げてのリトリーブでもよいので、リトリーブしたら止める、そしてシミーフォールも効果的。

要は任意のスピードで巻いて、止めて、落とす。これだけでイイのです。

テロテロ巻き、巻きからのストップなど、弱波動スイムとシミーフォールを使いこなすべし。といっても難しい操作はさほどない

ジャークからの止め

ジャークからのストップ、そしてシミーフォールも理屈は一緒。動く、そして止まる、そこからシミーフォール。

ただし、ジャーキングはより瞬間的にギュッと動いてからのシミーフォールになるのでよりリアクション的要素が高くなります。

芸達者なフォールトリックなのであった

ロッドアクションを入れてもキレのあるダートをしてくれ、またそこから態勢を立て直すのが早い。

そんなわけで小さなアクションを入れて止めるといったアクションもオススメです!

「生シラス」カラー

吉岡進さんが考案した生シラス。透け感のあるボディにシルバーのインナーウエイト、そしてドットで入ったグロースポットが特徴

ナブラミノー、フォールトリックともにヒットしたカラーはいずれも生シラス。

吉岡さん自身の監修である生シラスカラーですが、自身の監修だからってゴリ推しで使っていたわけではありません(笑)。

キャッチしたサワラが吐き出したベイト こうしたベイトが小さいときにクリアカラーの効果は抜群

晴天時など海中光量の多いハイライトでは、クリアボディで実際のシルエットを小さく見せつつもウェイト部分はしっかりと見せられる。

ルアーの波動をキープしながら、ベイトが思ったよりも小さい、ルアーにセレクティブといった状況で非常に効果的。

実は東京湾での実釣から生まれたカラーでもあり、ハイライトや水質がクリアな場合には生シラスはオススメです!

逆に曇りの日や海水が濁っているシーンでは派手なカラーが活躍します。

メインタックル

ロッド:GSW-S68L(ジャッカル)

リール:ツインパワー5000HG(シマノ)

ライン:PEX8(2号)(シーガー)

リーダー:ナイロン50lb

メインで使用したタックルは上記の通り。

ロッドはジャッカルGSW-S68L

オフショアキャスティングでは、船の胴の間からアンダーキャストする状況も多いはず。

レングス的にも水面をかかずにアンダーで投げられるレングスとなっています。

ルアーのウエイトも10~45gまで対応しているので、今回使用したプラグ系のほかメタルジグやスピン系のルアーでも使用可能となっています。

キャスティングゲームはもちろんですが、ロッドエンドも長いのでジギングにも応用できるのも魅力です。しかもリーズナブル!

Length(ft/m) 継数 Power Lure Weight Line Price
6’8″(2.03m) 2本 Light 10 – 45g PE MAX2.0号 ¥17,800(本体価格)

ジャッカル公式GSW詳細ページはこちら

状況を見極め適切なセレクトを!

今回は状況的に出番がなかったもののサワラ狙いではビッグバッカースピンも面白い存在。非常に多彩なラインナップがあるビッグバッカーシリーズ

サワラキャスティングではナブラの発生状況は日によって変化します。もちろん魚のご機嫌も。

そうした中でもサワラの捕食スイッチを入れるには波動の強弱、アクションなど適切に選ぶことが大切です。

はじめは「なんかバイトが遠いな」と思ったら、何か変化を付けてみる、使い分けるというより使い比べてみるでイイと思います。

幸いにもビッグバッカーシリーズには様々な個性を持ったルアーがそろっています。そして、どれもが使いやすい。

オフショアキャスティングゲームを始めてみたいなんて皆さんも、チェックしてみてはいかがでしょうか。

吉岡 進(Susumu Yoshioka) プロフィール

「よっしー」の愛称で知られるジャッカルのソルトプロスタッフ。10代の頃はブラックバスにはまり、その後はオフショアソルトの世界にトップリ! 関東を拠点に一つテンヤ、オフショアタチウオ、ジギングなど、オフショアルアーゲームをマンキツ中!

ジャッカル(Jackall)

1999年、現会長・加藤誠司氏と現社長・小野俊郎氏により設立。所在地は滋賀県大津市。国内のみならずアメリカ、ヨーロッパ、アジアでも釣具の販売を展開。ルアーフィッシングの各ジャンルのアイテムを網羅、開発力が高いことでも知られている