ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【O.S.Pの王道ジャークベイト】「阿修羅O.S.P II」と「ヴァルナSPEC2」に登場する新たな新色とは?特長も交えて詳しく紹介!

新製品総力特集2021

気温も日を重ねるごとに低下、いよいよバスフィッシングも冬のパターンが成立する時期に突入。

冬も色々効果的なルアーがありますが、その中でも王道とも言えるのが”ジャークベイト”。

巻いても止めても誘うことができる万能ルアーです。

そんな中、O.S.Pの人気ジャークベイト、「ASURA O.S.P II 925 SP」と「ASURA O.S.P VARUNA SPEC2 110 SF」から低水温期に効きそうな新色が12月に登場。

新色の紹介も兼ねて、2種のジャークベイトに注目していきたいと思います。

 

ASURA O.S.P II 925 SP

ASURA O.S.P II 925 SP」は、2001年春にリリースされた名作ジャークベイト、「ASURA O.S.P」のリニューアルモデル。

サイズ ウエイト タイプ フックサイズ カラー 本体価格
92.5mm 8.4g Suspend #8 20 1,700円(税抜)

O.S.P公式「ASURA O.S.P II 925 SP」詳細ページはこちら

 

「ASURA O.S.P」を長年生産し続けたことによって金型が寿命を迎え、新たに金型をリニューアル。

ただリニューアルしても仕方がないという訳で、「ASURA O.S.P」の良い箇所を残しつつ、現代のタフバスを攻略できるように更に性能UPさせ、2019年「ASURA O.S.P II 925 SP」へ生まれ変わりました。

 

そもそもオリジナルの「ASURA O.S.P」とはどんなルアー?

今では多く見られますが、当時ジャークベイトは2本フックがほとんど。

そんな中、9cmクラスで初の3本フックを採用したジャークベイトが「ASURA O.S.P」でした。

フロントフックはライン絡みしにくいように後方寄りで、フック同士も絡まない絶妙な位置に設置。

また、最大の特長ともいえる、細身ながらもアイの距離を短くしたローライドアイ開発によって、ウエイトボールがボディの端から端まで転動することが可能に。

 

それに伴い、ボディ形状は丸ではなく四角に設計されていることで容積が増え、サスペンドにする為のウエイト自重もUP。

この2つの相乗効果が飛距離に貢献! また四角いボディの側面はフラット形状、ジャーク&ポーズ時に強いフラッシングを放ち、アピール力も同時にアップ!

付け根が細くても強度を保てる後刺しリップの採用によって、タダ巻きとジャークの両立に成功。

このように、多くの工夫が施されたことで、長年親しまれるジャークベイトに完成したという訳です。

 

変更された箇所

では、「ASURA O.S.P II 925 SP」になってからどんな箇所が変更されたのか?

最も大きく変更したのは”リップ”。前途したようにオリジナルは後刺しリップだったところ、「ASURA O.S.P II 925 SP」は一体成型リップを採用。

一体成型リップ

 

一体成型リップはどんなメリットがあるのか? 後刺しリップだと構造上、ボディ内にリップが入り込み、それを保持する周りの肉厚でどうしても、水中で前傾姿勢気味になってしまいます。

しかし、ボディとリップを一体化し、ウエイトも丸玉から低重心板状ウエイトに変更することで、水平姿勢を実現。また、タダ巻きから早巻きでも泳ぎが安定、素早い瞬間的な動きでもシッカリ対応してくれます。

ロールやヒラ打ちからの復元力もUPし、フラッシング効果も増幅。より生命感あふれるアクションを実現しました。

低重心化と駄肉ゼロを実現したNEWボディ

 

フックも細軸に変更

フックはショートバイト対策として、ヘビーからレギュラーワイヤーに変更。

 

気になるNEWカラーがこちら!

ASURA O.S.P II 925 SP」からは、”ヌメリシャッド”、”ゴールドファイヤー”の2色がデビュー!

 

ヌメリシャッド

ベイトフィッシュに似せたリアルな見た目が特長的。比較的ナチュラルで、冬の澄んだ水質にもマッチするのでは…。

 

ゴールドファイヤー

ヌメリシャッドとは逆のアピール重視。

フラッシング性に優れていて、マッディウォーターや赤っぽい色をしていることで春先にも出番が多そうなカラー。

 

既存カラーラインナップ

出典:O.S.P公式「ASURA O.S.P II 925 SP」詳細ページ

1 / 2
次へ