ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【テールから動くプラグ】という新発想。奇才 田渕 秀明プロデュースのNEWプラグ「ヨコアイシャッド」の全貌

寄稿:田渕 秀明

みなさん、こんにちは!田渕 秀明です。

普段私は香川県にある、ルアーショップ「アルティメイトワールド」のオーナーを勤めながら、JBトーナメント戦に出場しています。

同時にルアーのプロデュースや制作なども行っていて、前回ご紹介させていただいたのは「サイコロラバー」という変わり種ワーム。

【サイコロラバー】マニア系アングラーたちから人気を集めている変わり種ルアーを詳しく紹介

 

今回は、間もなく発売になる新しいルアー「ヨコアイシャッド」についてご紹介できればと思います。

田渕 秀明(Hideaki Tabuchi) プロフィール

普段はルアーショップ「アルティメイトワールド」(香川県)のオーナーを勤めつつ、JBトーナメントでも結果を残すトーナメンターとしての一面も持つ。 アルティメイトワールドでは、ルアーやボートの販売から四国内のボートフィッシングからオカッパリまでガイドサービスも行っている。

 

“尾から泳ぎだす”新しいルアー

あったらいいなぁ…が開発のキッカケ

まず、一般的なルアーは先のラインアイにラインが結ばれていて、ラインを引くと頭から動き始めます。これはラインを引っ張ることで、ルアーが動き出してからリップやテールが水の抵抗を受けてアクションを発生させるためです。

自然界ではどうでしょう。自由に動き回るベイトフィッシュは、まず尾を動かし水を後ろに押して前に進むはず。つまり、ラインに引っ張られて頭からアクションをし始めるという動作は自然界にはなく不自然なのです。

以前、ベイトフィッシュを意識しているバスを狙って、シャッドテールワームやビッグベイトを使っていた時、どうしたらもっと自然な動きになるのか…と考えていて、魚の泳ぎのように尾の動きを起点にして前に進むルアーがあったらいいなぁ…と思い、作ったのが今回ご紹介する「ヨコアイシャッド」です。

 

“ヨコアイシャッド”について

ラインを引っ張ったときに、まずテールから動く…という仕組みをどうするか。この課題を解消したのが名前の通り、横にアイを設けるという機構でした。

ボディの前方と後方、テール部分の3箇所にアイを設け、その3箇所のアイにラインを通し、最後にフックに刺して固定したトリプルフックにラインを結んで使います。

そうすることで、ラインを引っ張ればダイレクトにテールに力が加わりテールから動き出すのです。ヨコアイシャッドは、ロッド操作で尾の部分から動き始め、尾を左右に動かし、魚と同じように水を後ろに押し出し前に進んでいくルアーです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

お腹側のフックを外してチューンも可能

また、今回発売のヨコアイシャッドは、スローシンキングに設定しておりますが、晩秋から冬にかけてディープを攻めたい場合は、お腹のアイにシンカーを付けてディープのボトムを連続シェイクで使うと、ディープに落ちたバスを狙う事も可能です。

 

ちなみにノーマル状態でボトムで使って根掛かりしそうな時も、お腹側のトリプルフックを外して使えば根掛かりが少なくなります。テールのフックだけだとフッキングに不安があるように思いますが、良く動くフック目掛けてアタックしてくる事も多く、以外とフッキングはいいように思います。

 

ヨコアイシャッドを使う際にオススメのライン

 

ヨコアイシャッドでキレイなアクションを出すには、ダイレクトにアクションをテールに伝えるため、水馴染みのいいラインを使用することが重要。

私はベイトタックルなら、サンラインのシューターシューターFCスナイパー8~12lbを使用しています。また、ロッドアクションを付けやすいスピニングタックルを使う場合は、シューターFCスナイパーの6~8lbを使っています。

サンライン公式「シューター」詳細ページはこちら

サンライン公式「シューター・FCスナイパー」詳細ページはこちら

ラインを張ることなく、テンションを掛けずにアクションさせることがキモなので、あまり太過ぎないラインがおすすめです。

 

このルアーは、ベイトフィッシュを捕食している時や縄張り意識が強くなっている時などに特に有効です。ロッドアクションで、弱った小魚の動きやボトムで尾だけをバタバタ振る動きなどを作れますので、自分のイメージするベイトフィッシュの動きを演出してバスを誘ってみてください。

 

サンライン(SUNLINE)

1977年設立、山口県岩国市を拠点とするラインメーカー。 独自技術の開発力が高いだけでなく、大手材料メーカーや大学研究機関との連携・共同研究 により、最新テクノロジーを駆使したライン開発も進めている。また各分野に約400人強のフィールドテスターがおり、現場からのフィードバックも豊富。 最新テクノロジーが導入されたあらゆるジャンル(バス、ソルト、トラウト、鮎、へらぶな、渓流など)のラインを続々と輩出中!

シューター(Shooter)

シューターはサンラインのバスフィッシング専用ラインブランド。フロロカーボンライン「FCスナイパー』シリーズや、ナイロンラインの「デファイアー」シリーズやマシンガンキャスト、そしてPEラインのステューターなどが特に人気を集めている。