ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

海で使用したラインのメンテ、どうしてますか?NatureBoys「NCOリアクター」を使用したラインのメンテナンス法

海で釣りをした後、リール(ライン)のメンテナンスってどうされていますか?

記者はできるだけその日のうちに、風呂場に持ち込んでリールごとシャワーで水洗い。からの乾燥。気がついた時にフッ素コートのスプレーを吹きかける。

このサイクルで、この10数年通してきました。

こんなのを見ると、改めてやっぱりちゃんとメンテいるよなぁ。と思った次第なんです。

 

【NatureBoys,NCOリアクター】How to エンタメ動画シリーズ PEライン漬け込み解説【柳 賢太郎】

出典:YouTubeチャンネル「NATUREBOYS &FISHINGFIGHTERS」

何かというと、海で使用したラインをメンテナンスする…という動画。

出演はネイチャーボーイズのスタッフで、東北のエキスパートアングラーでもある「柳賢太郎」さん!

冒頭でラインをくわえる場面、潮抜きしてるつもりでも実はちゃんと抜けていないという。たしかに、手元にある風呂場で洗ったはずのリールのライン、しょっぱいんです。

 

別のスプールに巻き変えて最低でも1日くらいは真水に漬け込む。そこまでしてやっと潮がきちんと抜ける。ご存知でしたか?

 

で、潮を抜いて乾かす。そして、超撥水耐水活性剤シリーズ「NCOリアクター」に”漬け込んで”いきます。

 

十分漬け込んだら、しっかり乾かして(低温であればドライヤーの使用も可能なんだとか)、リールに巻き取る。で、一通りのメンテナンスが完了。

 

 

超撥水耐水活性剤シリーズ「NCOリアクター」

漬け込んでいるのはこちら「NCOリアクター」。ラインディッピング用(漬け込み用)と、そのままラインに吹きかけるスプレーのものがあります。ちなみに、ロッドやクーラーボックスなどにも使用可能。

塗布するとPEライン製品出荷時のコーティング層と強固なナノイオン結合反応を起こし、 撥水性能と潤滑性能を兼ね備えた次元の違う驚異的な耐水性を付与するところにあります。

出典:ネイチャーボーイズ公式HP

 

ディッピングすると、繊維の1本1本をコーティングしてスプレーよりも強固な塗膜を作れる。そして、飛び散ることがないのでムダもなく何度も使えるそう。

手間こそ掛かるものの(動画では漬け込んで乾燥までに1週間掛かってます)、PEラインのキャスト時に起こるエアノット等のトラブル解消、エステルラインの耐久性持続、氷結防止の効果もあるんだとか。

また、コーティングすると吸水しづらくなり潮の抜けなども良さそう。さらに、水に溶けだしにくいという特長があるので、一度ガッツリやっちゃえば、都度都度のメンテナンスがラクになるという要素も大きいかと。

というわけで、いそろそろ大掃除シーズン。普段お世話になってるタックルをガッツリメンテしてあげてみてはいかがでしょうか。