ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【このスペックで実売価格1万円台】ビギナー必見!アジ・メバ系ライトゲーム用ロッド/シマノ「ソアレTT」「ソアレTTアジング」

シマノのアジ・メバ系ラインナップ「ソアレ」シリーズ。

そのソアレシリーズに2020登場したロッド「ソアレ TT」と「ソアレ TT アジング」。

コスパよし、使い勝手よしと人気のこのシリーズを、いよいよシーズン本番となるタイミングでチェック。

 

そもそも「TT」とは

ソアレロッドシリーズにはこれまでに、最上級モデルの「リミテッド」、次いで「エクスチューン」、ミドルクラスの「C14+」、2万円台の「SS」、そしてエントリーモデルの「BB」がラインナップ。

2020年に登場した「ソアレ TT・ソアレ TTアジング」は、価格帯的に実売価格で1万円台と「SS」「BB」のちょうど間を埋めるポジション。つまり、最初の1本にも使えるし、ステップアップ機にも使える。また、ベテランのサブ機としてなど、使いどころ満載のモデルというわけです。

同じく2020年に登場したエギングロッド「セフィア TT」と近しい位置づけ。

 

ソアレ TT

メバルやアジなど、ソルトライトゲーム全般に対応する「ソアレ TT」はS70SUL-S、S76UL-S、S76UL-T、S80L-Tの4機種がラインナップ。

シマノ公式「ソアレ TT」詳細ページはこちら

 

3種類の穂先

最大の特長は性質の異なる3種類の穂先が、4機種にそれぞれ採用されていること。

 

S70SUL-Sの穂先に採用されているのは「タフテックα」。カーボンソリッド穂先で、強度を保ちながらしなやかで繊細な曲がりが特長。

次いで、S76UL-Sの穂先に採用されているのが「タフテック」。こちらもカーボンソリッドなのですがタフテックαに比べると張りがあって高感度になっていることが特長。

そして、チューブラーの穂先「ソフチューブトップ」はS76UL-T、S80L-Tに採用。チューブラーとはいえ、ソリッドに勝るとも劣らないしなやかさが特長的。

 

軽量でねじれに強いスパイラルX

さらに、ブランクスには軽量でねじれに強いスパイラルXを搭載し、全体のブレやダルさを抑制。

 

「CI4+」を採用した「ブリッジライクシート」

表面硬度を高めたことで従来素材よりも感度に優れ、さらにコンパクトな設計により、掌とリールシートとの接触面が減ることで感度がさらに向上。

 

各モデルの特長

S70SUL-S/スーパーウルトラライト
小~中型の数釣りを楽しめるS70SUL-S。漁港や防波堤におけるアベレージサイズを想定した、シリーズ中最も柔らかいアイテム。吸い込みの弱いバイトもしっかりと追従してフッキング。掛かってからはロッド全体がしなやかに曲がって、バラシを抑制します。

出典:シマノ公式HP

 

S76UL-S/喰わせのオールラウンド
S76UL-Sはタフコンディションに対して非常に有利。重量のあるリグが苦手な反面、軽量なリグとの相性は格別です。漁港、港湾、防波堤などのスレ切った魚を相手に、アンダー1gのジグヘッドの使用も余裕でこなします。

出典:シマノ公式HP

 

S76UL-T/リグを選ばぬオールラウンド
S76UL-Tは、ターゲット・ポイント・リグを問わないオールラウンドなアイテム。軽量ジグヘッドからスプリットショット、フロートリグ、小型プラグ、さらにはメタルジグまで幅広く対応します。

出典:シマノ公式HP

 

S80L-T/遠投&パワー
大型サイズを確実に仕留めに行くのがS80L-T。磯場で掛けた際に根に潜られないだけの硬さ、足場の高い防波堤で足元まできっちり探れるレングス、遠浅のゴロタエリアでの遠投性。繊細な釣りから攻めの釣りまで幅広くこなせます。

出典:シマノ公式HP

 

品番 全長
(m)
継数
(本)
仕舞寸法
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
適合ルアー
ウェイト(g)
適合ライン
PE(号)/ナイロン・フロロ(lb)
リールシート
位置(mm)
カーボン
含有率(%)
本体価格
(円)
S70SUL-S 2.13 2 109.0 60 0.8 0.4~4 0.1~0.4/1~3 215※U 93.7 19,000
S76UL-S 2.29 2 117.0 69 0.8 0.5~5 0.1~0.4/1~4 230※U 94.6 19,400
S76UL-T 2.29 2 117.0 69 1.2 0.6~6 0.1~0.6/1.5~5 230※U 94.5 19,800
S80L-T 2.44 2 124.7 74 1.2 0.8~10 0.2~0.8/2~6 335※U 94.8 20,600

※U(アップロック):竿尻からリールシート前部固定フードまでの長さです。

 

ソアレ TT アジング

続いて、アジングに特化した3機種が登場の「ソアレ TT アジング」。

シマノ公式「ソアレ TT アジング」詳細ページはこちら

 

2種類の穂先

こちらもモデルごとに、2種類の異なる性質の穂先を採用。

S64UL-Sの穂先には高感度が特長のカーボンソリッド「タフテック」を、そしてS610L-S、S74L-Sには高弾性カーボンソリッドの「ハイレスポンスソリッド」を採用。優れた目感度、手感度を両立しています。

ブランクスの「ハイパワーX」、グリップ部分の「ブリッジライクシート」は、もちろん「ソアレTT」同様に採用。

 

各モデルの特長

S64UL-S/ジグヘッドスペシャル
ジグヘッド単体での釣りがとくに得意なアイテム。常夜灯周りなどの近距離での繊細な釣りにもオススメ。小型サイズのバイトを弾きにくく、抜けアタリや居食いなどの難しいアタリにもしなやかに対応することができます。

出典:シマノ公式HP

S610L-S/掛けのオールラウンド
アジングを楽しむための中心アイテム。幅広い重量のリグを扱うには6’10″は非常に魅力的です。ジグヘッド、スプリット、キャロライナリグ、軽量メタルジグ、プラグ、ありとあらゆるリグを駆使しようと思うならこのアイテムを。

出典:シマノ公式HP

S74L-S/掛けのロングロッド
キャロライナリグ、フロートリグ、メタルジグ等による遠投攻略を得意としたアイテム。遠投性能を持ちながらも、軽快な操作性を併せ持っているのが魅力。ショートロッドではリグの動きが小さくなってしまいがちな水深のあるポイントも得意。

出典:シマノ公式HP

品番 全長(m) 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径(mm) 適合ルアー
ウェイト(g)
適合ライン
PE(号)/ナイロン・フロロ(lb)
リールシート位置(mm) カーボン
含有率(%)
本体価格(円)
S64UL-S 1.93 2 99.0 64 0.8 0.3~6 0.1~0.4/1~3 187※D 95.3 19,000
S610L-S 2.08 2 106.5 64 0.8 0.5~12 0.1~0.6/1.5~4 212※D 98.9 19,400
S74L-S 2.24 2 114.5 69 0.8 0.5~12 0.1~0.6/1.5~4 232※D 98.9 19,800

※D(ダウンロック):竿尻からリールシート後部固定フードまでの長さです。

 

ここまでのスペックで実売価格は1万円台と言うから驚き。 全盛期を迎えるアジング、そしてこれからが楽しみなメバリングにぜひ!

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。