ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ボートも陸っぱりも参考になる】引っ掛からなくて食わせ能力高め!浦川正則が冬に愛用するオススメルアーとは一体?

冬のバス釣り特集

皆さん、こんにちは。浦川 正則です。気温が下がってきて、いよいよ冬のパターンが成立する時期に突入。

食わせることが大変難しい時期ですが、釣れる1匹というのはホントに格別!

そこで今回は、これからの時期に私が陸っぱり&ボートで多用するオススメルアー&リグを解説していきたいと思います!

 

浦川 正則(Masanori Urakawa) プロフィール

旧吉野川水系をメインフィールドとし、オカッパリ、ボートを問わない自由なスタイルで年間約50本の50アップを仕留めるデカバスハンター。 四国エリアの名だたるアングラーがその実力を認め、ついた呼び名が「師範代」という浦川。 類まれなテクニックでメジャーフィールドを攻略するスーパーマルチアングラー。

ボート・陸っぱり共に効果的!「ドライブビーバー」のフリーリグ

まず、これからの時期にかけて効果的なのが、2019年も紹介させていただいた「ドライブビーバー」のフリーリグ。

サイズ カラー 数量 本体価格
3in・3.5in・4in 21 7(3in)・6(3.5in)・5(4in) 780円(税抜)※エコトーナメント対応モデル(Fマーク有)

O.S.P公式「ドライブビーバー」詳細ページはこちら

 

 

冷え込んでくると河川などのアウトサイドにあるディープを狙うことが多く、陸っぱり&ボート共に10g以上の重めのシンカーを使います。

 

重めのウエイトを使うキッカケになったのが、ボートから「フットボールジグ」+「ドライブビーバー」を使っていた時でした。

 

ボートからだとフットボールジグは非常に有効ですが、陸っぱりで同じように使うと、どうしても根掛かりが多発して使い辛い…。

同じように根掛かりせずに、使えるリグが何かあればなぁ…、と思っている時に今まで試していた軽いフリーリグから、重めのフリーリグにシフトしたことがキッカケでした。

重くしても根掛かりにくい恩恵は、陸っぱりから非常に高いアドバンテージになる事だらけ。

まず、遠投ができてボトム感知能力が上がり、地形変化やストラクチャーを頭の中で描き易くなる上、ウエイトアップしたことによってフットボールジグのようなリアクションで誘えることから、気難しい時期でもバイトが圧倒的に多く得られます。

特に「ドライブビーバー」との組み合わせは、個人的には欠かせない組み合わせとなっています。

ボートからだと、「03ハンツ」+「ドライブビーバー」(3.5in)の組み合わせをメインにしながら、根掛かりが気になる場所は「ドライブビーバー」のフリーリグを使うといった感じ。

ウエイト スカート カラー 本体価格
3.5g/5.0g/7.0g/9.0g/11.0g/14.0g/17.5g/21g ファインラバー / シリコンスカート ファインラバー6色/シリコンスカート24色 ファインラバー:500円(税抜)
シリコンスカート 3.5g/5.0g/7.0g/9.0g/11.0g/14.0g:580円(税抜)
シリコンスカート 17.5g/21g:650円(税抜)
ECOモデル 7.0g 750円(税抜)/11.0g 800円(税抜)/14.0g 850円(税抜)

O.S.P公式「03ハンツ」詳細ページはこちら

 

 

陸っぱりからだと、フリーリグをメインに現在は使い分けています。

1 / 2
次へ